中小企業のマーケティング

大変!お客様が消える!

お客様

マーケティングの常識が変わった!

この間、GDPの発表がありましたね。
年率3割程度の減少。
すっかり経済状況が変わりました。

特に個人消費の落ち込みが激しく、
モノ・コトにお金をつかうマインドが冷え込んでいます。
全国レベルでは、20%程度の落ち込み。
地域経済では、それ以上のインパクトがありそうです。

ということは、
お金を使う人、つまり、消費者が消えた、、、ということです。

これまでのマーケティングの定石

年収、志向などから、
一定度の規模を想定したターゲットを見定めて、
そのターゲットに似合うニーズを探索し、
商材企画をして、プロモーションをして、
販売に結びつける。

これが、これまでの常識でした。

他社製品との差別化、際立った宣伝方法をとる。
これが当たり前。

しかしながら、
ターゲット規模の縮小、技術革新が進み、
商材の同質化も進み、なかなか思うようにいかないのではないのでしょうか?

まして、消費全般が落ち込んでいるとなれば、
競争激化は必須です。

これまでのマーケティング手法。

先祖返りのようですが、
巨匠コトラー氏が指摘するように、
「顧客の創造」がより求められる時代になりました。

この秋以降、さらなる景気後退が見込まれると考えています。
ということは、個人消費はさらに落ち込むとも想定できます。

まさに、お客様が、消える。。
ターゲットがなくなるといっていい。

診断士試験でいえば、
ターゲット→4P(商品・価格・流通・宣伝)
ニーズに合わせて商品開発を行う。
じっくり時間をかけてリサーチする。
今までの定石でした。

これからの時代は、

完全と言っていいほど、
ひっくり返ったといっていいと思います。

求められるのは「発信力」です。
試し打ちが重要となります。
それも、景気後退がより鮮明になるまえの、
この秋口までに取り組む必要があります。

なにを「発信するか」というと、
自社がこれまで培ってきた強みを生かした商材サンプルを、
ネットなどで、素早く世に問いかけるのです。

その問いかけに、反応したアクセスやコメントを、
十二分に仮説検証して、
商材開発に活かす。

その商材を、どんな方に共感していただけるかを探索して、
最適なお届け方をする。
試し打ちを何回もして、ブラッシュアップしていく。

そのうち、
その会社様の根本的な考え方や強みが研ぎ澄まされ、
つながった新しいお客様と共感が得られたとき、
一定のブランド力がついてきます。
これといえば、あの企業さんだよねみたいな。

プロモーション→ターゲットの発掘。
まさに、順番が変わったのです。

ちなみに、前にもかきましたが、
昭和は、成長、
平成は、差別化、
そして、令和は、「共」です。

お客様と、共感、共創、共同で、
次の方向性を模索する時期です。

これまでのような、これって!いうコタエはありません。
手応えから、仮説検証を行い、見つけていく。

なので、ワタクシも、様々な取り組む必要がだと考え、
チャレンジしています。
ライブ配信しかり、デジタル化しかり、です。

でもね、
商売には変わりないので、
そこには、ヒトとヒトとのあいだにしかビジネスは生まれない。
これは、なんら変わっていないのです。

変わったのは、手段と方法。
根本的な考え方は古今東西変わらない。

ワタクシの挑戦はまだまだ続きます!
みなさんと一緒に歩んでいきたいと思います!


「こくろぐ」は、札幌市を拠点に
北海道全域へご訪問している
経営コンサルタント/中小企業診断士
国仙悟志のサイトです。

経営コンサルティング全般【経営戦略・経営理念・人事・マーケティング・財務戦略・マーケティング・マーチャンダイジング・ブランディング等】及び、オリジナルの事業計画書「事業計画マップ®️」を軸とした起業・創業・再建のご支援を行い、北海道の中小企業様の「これから」を応援しております。

ご支援の流れは初回ご相談→診断→ご提案となり、
初回のご相談は無料です。
必要なご支援をお届けするために、
売り込みなどは一切行いませんのでご安心ください。

このようなご相談もお受けしています

  • 中小企業診断士にはどんなことを相談できますか?
  • 多くの費用はかけられませんが「何を相談できるか」のご相談も可能ですか?
  • 緊急の売上減少対策が必要です。単発のご相談にも乗ってもらえるでしょうか?

企業様の数だけあるご相談のカタチに寄り添います!

ご相談・お問い合わせはこちら

これまでのご支援企業様の地域:札幌市、旭川市、函館市、富良野市、苫前町、釧路市、美幌町


ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!