中小企業のマーケティング

マーケティングってなんだ?

マーケティングセミナー

面白いセミナーを受注しました。

とある支援機関様から、
「頭の中を整理するセミナー」というお題目で、
セミナー講師を受注いたしました。

30人定員で、リアル開催、
同時に、ZOOMでのライブ中継。

コロナ禍で、なにかしたいけど、何をすべきかわからない、
新商品・新サービス開発についてのヒントを、
という内容です。

マーケティングが変わった。

時代の変遷に従って、マーケティングが変わった。
これがワタクシの実感であります。

これは、情報発信の方法論がかわったことに起因します。

昭和:テレビなど、マスメディアの時代
平成:インターネットで、ターゲットを絞ってのメディアの時代
令和:SNSなどの個別メディアの時代

てな感じで、
誰でも気軽に、情報発信ができる時代になりました。
逆に書くと、自分にあった情報だけをピックアップして、
受信できる時代でもあるということです。

ワタクシでいえば、
フィットネス関連、筋トレ・ランニング・スタジオプログラム。
そんな情報に目が行くわけです。

それを狙ってか、
いまの情報産業は、進化していて、
そんな広告ばかり、SNSに載ってきます。

さらに、コロナショックで、

お客様が消えました。
消費の減退です。
もっと書くと、まとまったニーズというものが消えた。

つまり、こんな層に、こういうニーズがあって、
こういう商材を提供しようという考え方が取りづらくなってきた、
と、いえます。

マス・集団というもんがなくなったわけですから。

となれば、
どうすればいいか?

原点回帰、

これしかないです。

自社が培ってきた強みから生み出せる、
お客様へ愛情のたっぷりのお困りごとの解決策提供。

例えば、コロナ太りには、こんな解消法が、とかね。

それを、個別メディアで、情報発信。

試し打ち。

もし、それが、反響があるようであれば、
定番化すればいいのです。

d→PDCAとでも書きましょうか?

この活動には、

第三者の目線があるといいと思います。

というのも、自分の強みって、
自分では、見えないことが多いのです。

あっという気づき。
これを得るために、第三者の目線が必要不可欠。

今度、とある企業様の取り組みをご紹介しますね。


「こくろぐ」は、札幌市を拠点に
北海道全域へご訪問している
経営コンサルタント/中小企業診断士
国仙悟志のサイトです。

経営コンサルティング全般【経営戦略・経営理念・人事・マーケティング・財務戦略・マーケティング・マーチャンダイジング・ブランディング等】及び、オリジナルの事業計画書「事業計画マップ®️」を軸とした起業・創業・再建のご支援を行い、北海道の中小企業様の「これから」を応援しております。

ご支援の流れは初回ご相談→診断→ご提案となり、
初回のご相談は無料です。
必要なご支援をお届けするために、
売り込みなどは一切行いませんのでご安心ください。

このようなご相談もお受けしています

  • 中小企業診断士にはどんなことを相談できますか?
  • 多くの費用はかけられませんが「何を相談できるか」のご相談も可能ですか?
  • 緊急の売上減少対策が必要です。単発のご相談にも乗ってもらえるでしょうか?

企業様の数だけあるご相談のカタチに寄り添います!

ご相談・お問い合わせはこちら

これまでのご支援企業様の地域:札幌市、旭川市、函館市、富良野市、苫前町、釧路市、美幌町

ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!