時代の風景

中小企業のおくりびと

葬式

それは、政府だった。

今日の日経。
「中小企業減 容認へ転換」

今般のコロナショックを受けて、
実態に合わせた中小企業政策をとっていく方針。
具体的には、
開業率<廃業率を認め、新陳代謝を促進、生産性向上、
ということらしいです。

今後の見通しの仮説を立ててみます。

誰が、首に鈴をつけるのか?

金融関連が、対応がキツくなると思います。

今年、コロナ資金をバラマキまくりました。
来年以降おそらく、
政策的な融資制度は、なりを潜めると考えています。

通常モードに戻るならいざしらず、、
おくりびとは、貸し剥がしすらするかもしれないと、
想定される。
金融機関も生き残ることで必死なので、
アブナイ先からは、早く回収したいという意識が働くのでは?と、勘ぐっています。

スキルとマインド

この2つが揃った企業さんが生き残っていきます。

株式会社日本企業は、労働生産性が悪いという調査があります。
有識者の中には、
「中小企業庁を廃止し、企業育成庁の設置を」なんて、
提言されている方もいます。

育成(成長)に必要なもの。
スキル:身につけるもの
マインド:折れない心

スキル

必要だなと思うスキルを考えてみます。

「外注力」

これにつきます。
本業に傾注できるとんがった企業を目指す。
不得意だけど、必要な事柄は信頼できる外注先から調達する。

どんなことを外注するか?
これが、企業の命運を決める気がします。

マインド

折れない心とはなにか?

「執着心」

いつかはできるようになる。
できないのは、やっていないから。
そう考えられるか、どうか。

大変革の時代

そう、これが、アフターコロナの時代なのです。
政府がとうとう認めたアフターコロナの世界観なんです。

なんとかX→なんとかトランスフォーメーション。
さなぎが、蝶になる、そんなイメージです。

あの見た目の良くないさなぎが、見事な容姿の蝶になる。

今日は、厳しいことを書きましたが、
お会いしたら、しっかりと、一緒に乗り越えよう!と、
知恵を絞り、お話していきましょうね!


「こくろぐ」は、札幌市を拠点に
北海道全域へご訪問している
経営コンサルタント/中小企業診断士
国仙悟志のサイトです。

経営コンサルティング全般【経営戦略・経営理念・人事・マーケティング・財務戦略・マーケティング・マーチャンダイジング・ブランディング等】及び、オリジナルの事業計画書「事業計画マップ®️」を軸とした起業・創業・再建のご支援を行い、北海道の中小企業様の「これから」を応援しております。

ご支援の流れは初回ご相談→診断→ご提案となり、
初回のご相談は無料です。
必要なご支援をお届けするために、
売り込みなどは一切行いませんのでご安心ください。

このようなご相談もお受けしています

  • 中小企業診断士にはどんなことを相談できますか?
  • 多くの費用はかけられませんが「何を相談できるか」のご相談も可能ですか?
  • 緊急の売上減少対策が必要です。単発のご相談にも乗ってもらえるでしょうか?

企業様の数だけあるご相談のカタチに寄り添います!

ご相談・お問い合わせはこちら

これまでのご支援企業様の地域:札幌市、旭川市、函館市、富良野市、苫前町、釧路市、美幌町

ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!