時代の風景

やっぱり生もいい!

ミーティング

リモートとの使い分け

きのう、とあるクライアント様のミーティングに参加してきました。
社長+スタッフの定例ミーティング。

内容は、これまでの振り返りと、
今後の社会情勢の変化、顧客志向の変化、
それに伴う、事業展開方針、サービス内容の変革です。

時代はリモートだけれど

リモートの良さは、なんといっても、
移動時間がなく、複数人でも会議が開けること。
このご時世で非接触でもできること。

ただ、まだ、会話の間合いをとるのが難しいかもです。

そう、間合いが大切なんです。

というのも、
何かを生み出す系の打ち合わせには、
参加者が発する、表情、言葉以外のメッセージで、
会話の間合いが絶対必要なんです。

ちょっとした表情の動き、仕草、これもメッセージです。

会うからには、必ず生み出す!

距離を縮めて、時間を決めて会う。
今の時代では、これほどの投資はないといえます。

忙しい現代、ダラダラ会って話すこと自体無駄といえば無駄。

しかしながら、
その間があるからこそ、
双方にとって、新たな気付きが生まれたり、
思考の整理ができて、新たな知見が得られることが多々。

生み出す系打ち合わせは、絶対です!

連絡会議はいらない

これは、まったくもって不要。
連絡事項をまとめて、ワードでもいいので、
メールすればいいだけ。

わざわざ高い人件費をかけてやるほどのことではない。
究極、非同期でいい。

選択肢が決まっているものはリモートで。

A案、B案、さてどっち?
みたいなものには、リモートがいいかもです。

メリット・デメリットを出し合って、
リスクを考えて、意思決定する。

このレベル感なら、リモートで十分。

これからの打ち合わせ。

会うということが、非常に貴重な時間を使い合うことになるので、
貴重品なるのでは?との仮説を立てております。
貴重品であるがゆえ、大事にしていきたいと考えるのは、
いいすぎではないと言えます。

一方方向に偏ることなく、
うまく使い分ける人が生き残れる時代がきたなと、
感じた1日でした。


「こくろぐ」は、札幌市を拠点に
北海道全域へご訪問している
経営コンサルタント/中小企業診断士
国仙悟志のサイトです。

経営コンサルティング全般【経営戦略・経営理念・人事・マーケティング・財務戦略・マーケティング・マーチャンダイジング・ブランディング等】及び、オリジナルの事業計画書「事業計画マップ®️」を軸とした起業・創業・再建のご支援を行い、北海道の中小企業様の「これから」を応援しております。

ご支援の流れは初回ご相談→診断→ご提案となり、
初回のご相談は無料です。
必要なご支援をお届けするために、
売り込みなどは一切行いませんのでご安心ください。

このようなご相談もお受けしています

  • 中小企業診断士にはどんなことを相談できますか?
  • 多くの費用はかけられませんが「何を相談できるか」のご相談も可能ですか?
  • 緊急の売上減少対策が必要です。単発のご相談にも乗ってもらえるでしょうか?

企業様の数だけあるご相談のカタチに寄り添います!

ご相談・お問い合わせはこちら

これまでのご支援企業様の地域:札幌市、旭川市、函館市、富良野市、苫前町、釧路市、美幌町

ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!