時代の風景

オンラインキックボクシング!

キックボクシング

やっぱり汗は気持ちいい!

昨日、
気になるFB広告としてアップしたオンラインキックボクシング。
結局、やってみないとわからないということで、
さっそく、やってみました!

銀座のど真ん中にあるジムのサービス。
インストラクターが、動画で登場。
タブレットを使って、お部屋に広いスペースを作って、
いざ挑戦。

基本動作から、レベル別になっていて、強度も変えられる。

お着替えして、裸足になって、パンチ+キック。
1本あたり、30分のエクササイズです。

効果のほどは?

消費カロリー、350kcalくらい。
ご飯茶碗2杯分くらいかな?
強度が普通というものでも、
途中、腕立て伏せやコアトレーニングもあるので、
前身くまなく使っている感じ。

これなら、今の状況でも、ジム気分が味わえる。
ありがたいサービスです。

スポーツジム受難の時代に

新型コロナウィルスのクラスターが発生したと発表されているスポーツジム。
まさに受難の時代です。

3密関連の筆頭にあげられてしまいました。
東京都の休業解除ステージもわりと高めだったし。

さらには、
接触の多い業種、
個人向けサービス業種全般が敬遠されてしまってます。

さて、この先、生き残り策はどうするべきか?

顧客の状況と心理

この2つがキーワード。

状況:お客様の困りごとでもいいましょうか?
その困りごとをいかに解決し、成果に結びつけるのか?

心理:お客様のこの先の獏としたもやもや感。
そのもやもや感をいかに解消するか?

この2つにアプローチして、方法と手段を考えていく。
リアルとリモート。
接触と非接触。
現実とデジタル。
これらの境目が少しずつ溶けているように思います。

たとえばの話ですが。
お買い物だって、
店舗にいくのか?ネットで発注するのか?
それぞれ、メリット・デメリットがありますが、
そのお店に接しているという面では、境目がなくなってきている。

要素の大きな違いとして、
時間の使い方が違うというところが、ミソ。

リアルでも、デジタルでも、
時間を共有するか?いなか?
この判断軸が大事なのでは?と仮説を立てています。

店舗を訪れる、リモートワーク等で会議する。
時間を共有する価値があるのか?ないのか?

顧客の都合で、いつでも、アクセスできるのか?
24時間営業のお店とか、ネットストアとか?

時間。
これが、どれほどの貴重品になっているのか?
再認識が必要だと考えています。

ここに焦点を当てると、
次の一手がみえてくると確信しています!

オンライン無料経営相談のお申し込み方法

お申し込みは下記よりお受けしています。5月・6月・7月各月先着3社様限定でお問合せ順に弊社よりご連絡差し上げます。

オンライン相談はweb会議システムの「Zoom」(ズーム)を活用します。ご自宅や事務所など場所を問わず、スマホ、パソコン、タブレットよりご参加いただけます。

※Zoomを初めてお使いになる方や使い方にご不安がある方は、弊社が操作をサポートいたしますのでご安心くださいませ。(詳しい使い方は公式サイトからご覧いただけます。)

会員登録をすることなく、1度のクリックとパスワードのご入力のみで打ち合わせができます。

どうぞご安心いただき、お気軽にお申し込みくださいませ。

オンライン無料経営相談について「相談できる範囲を知りたい」とのお声にお応えするため、下記よりお問合せもお受けしていますのでお気軽にご質問ください。

ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!