中小企業の経営戦略

たった3つ、企業の立て直し法

事業再生

愚直な取り組みが奏功する。

コロナショック。
みなさん大変苦労されていると思います。
売上高減、手元資金の減少。。。

とある企業様の例をあげながら、
ヒントを、お出ししたいと思います。

企業概要

とある北海道の町に本社を構える食品製造業。
同族経営で、財務内容が痛み、
また、親族間での内紛も勃発。
そこで、分社化を図り、事業再編を行うこととなりました。

分社に伴い、売上高は3分の2に。
とても苦しい再スタートを切ることに。

社長以下、役員、従業員のみなさんは、
どちらを向いて仕事をすればよいのか?
迷いに迷っていました。

まずは、現預金の確保

現預金は、企業の血液。
再建資金として、再建を行う前に、
融資を受けました。
これで、ひとまずの活動資金を得ることができ、
枕が高くなりました。

事業計画立案

最初、企業様は、なんでこんなことをするの?と、
疑心暗鬼でしたが、
簡便なものでしたが、
これからの、目指すべき方向性、
減少した売上高の中で、効果的な予算立てを行いました。

この目指すべき方向性というのがクセもので、
成り行き経営を行っている企業様には、
ふん、なんの意味があるの?と言われるのがオチです。

しかしながら、当時は大火事。
一致団結して、経営活動に、経済活動にあたらないと、
てんでバラバラで、まともな経済活動に没頭できないのです。
まずは、役員が意識合わせをして、
従業員のみなさんに、会社が変わることを示すことが肝要です。

また、損益計算書ベースで、
向こう3~5年の予算表を作ることも大事。
いま手元資金で何ができるのか?
企業運営に必要な資金は、当面借入ができないことを前提に、
未来投資も考慮にいれながら、必達目標を立てます。

金融機関のご支援を仰ぐ

企業再生で、もっとも怖いのは、貸し剥がしです。
おそらく、今後、コロナ資金供給が終わったら、
金融機関としては、態度が厳しくなることが想定されます。

取り組みとしては、
密に、金融機関のご担当者様と情報交換をすること。

毎月、きまった時間に、ご訪問の上、
試算表を持参して、現況と今の取り組みをご説明。
しっかりと、事業継続ができて、借入返済ができることを、
社長自らのコトバでお伝えしたいところです。

その後の顛末

そんな取り組みを行っていたら、
少しずつ、社内の環境整備が進み、作業効率がアップ。

役員の意識向上が奏功してか、人材の入れ替えも進み、
人的パワーが増強。

時間はかかりましたが、
金融機関様から、
新規資金の融資のご提案まで受けられるようになりました。

また、毎年、事業計画は、見直しを図り、
社内での浸透、金融機関様へのご説明も欠かせません。

数字の結果

一年目にして、なんと黒字転換しました。
売上高税引き後純利益率で、7%を確保!
それまで、赤字続きで、辛い時期を長年過ごしながらです。

このコロナショックでも、
確かに、影響を受け、今期は赤字予算を組みましたが、
金融機関様のご協力を得て、コロナ資金を入れていただきました。

それが、今度、攻めの資金になっています。
新規営業先の開拓の原資、
新商品開発の原資になっています。
おそらく、トントンベースまでもっていけると考えています。

経営陣の意識、従業員の目先、第三者目線

この3つが噛み合って、事業再生ができるものと確信しています。
弊社としては、
この第三者目線でご支援することになるのですが、
いつも真剣に、企業の行く末を考え抜いてします。

そこには、経営陣の生活、従業員の生活、
企業のお客様の生活がかかっているのですから、
真剣そのものです。

いかがでしょうか?
コンサルティングの現場って、ものすごく、泥臭いのです。
この泥臭い活動にお付き合いいただけましたら、
きっと、長いトンネルも、抜け出せるチャンスがやってきます!


「こくろぐ」は、札幌市を拠点に
北海道全域へご訪問している
経営コンサルタント/中小企業診断士
国仙悟志のサイトです。

経営コンサルティング全般【経営戦略・経営理念・人事・マーケティング・財務戦略・マーケティング・マーチャンダイジング・ブランディング等】及び、オリジナルの事業計画書「事業計画マップ®️」を軸とした起業・創業・再建のご支援を行い、北海道の中小企業様の「これから」を応援しております。

ご支援の流れは初回ご相談→診断→ご提案となり、
初回のご相談は無料です。
必要なご支援をお届けするために、
売り込みなどは一切行いませんのでご安心ください。

このようなご相談もお受けしています

  • 中小企業診断士にはどんなことを相談できますか?
  • 多くの費用はかけられませんが「何を相談できるか」のご相談も可能ですか?
  • 緊急の売上減少対策が必要です。単発のご相談にも乗ってもらえるでしょうか?

企業様の数だけあるご相談のカタチに寄り添います!

ご相談・お問い合わせはこちら

これまでのご支援企業様の地域:札幌市、旭川市、函館市、富良野市、苫前町、釧路市、美幌町

ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!