つれづれなるままに

これからの世界って

ワタクシが勝手に想う未来形

緊急事態宣言が一部解除になりましたね。
新しい生活様式だとか、アフターコロナだとか。
さて、どうなるものか、ちょっと考えてみます。

今後の予測

医療関係者ではないので、感染状況がどうなるかは、わかりません。
ただ、言えることは、今後も何回かに渡って、
これまでのような状況がおきうるということ。

当初、ワタクシの勘では、
GWに第1波で収束し、
夏に向けて、北海道内での動きが見られ、
秋口に、国内で動きが見られ、
来年のさっぽろ雪まつりや春節で、海外からも動きが見られる、
と考えていましたが、
どうも、それも、後ろ倒しになりそうな気がしています。

アフリカ大陸、南アメリカ大陸での動向が気になっています。

ウィルスの猛威と、衛生状況の悪化、治安の悪化。
同時に起きる可能性があるのかなと。

日本国内においても、
単なる経済活動の収縮だけにとどまらず、
個々人の生活力が試されることになるのではと、
考えています。

お仕事の変化

ワタクシは、現在、ほぼ100%に近いくらい、
巣ごもりで、リモート環境で生きています。
(半径、4km圏内で行動しています。朝ランニングの往復の距離です。。)

業種業態によって、
できるか、どうかは、度合いが違うと思います。

ただ、今、10%のリモートでも、
今後、その度合いが、嫌でも上がるとの認識をもっています。

ちょっとしたことでも通信環境を使えば、立派なリモート活用です。
例えば、 日常業務で、今までちゃんと活用していなかったインターネットバンキングとかでもです。
いまは、ほとんど、窓口に行く理由がないくらいです。
(融資関係は、ご担当者様と会う必要がありますけどね)

増して、通信環境が、どんどん良くなっていくので、
それに、ついていくことが、できるか?
分水嶺になること、必須です。

日常生活の変化

移動が減るというのが、まず第一印象です。

できることは、ネット、スマホで済ませちゃう便利さに、
より、きづいちゃったから。

もうひとつは、
リアルでの対話が、
ものすごく貴重であることが、再認識されたこと。

やっぱり、人との関わり方が変わるだろうけど、
ともに時間を過ごすということの意味合いが深くなると思います。

さて、どう生きるか、
という命題まで突きつけられた感があるこのご時世。
みなさま、どう考え、どう行動しますか?

オンライン無料経営相談のお申し込み方法

お申し込みは下記よりお受けしています。5月・6月・7月各月先着3社様限定でお問合せ順に弊社よりご連絡差し上げます。

オンライン相談はweb会議システムの「Zoom」(ズーム)を活用します。ご自宅や事務所など場所を問わず、スマホ、パソコン、タブレットよりご参加いただけます。

※Zoomを初めてお使いになる方や使い方にご不安がある方は、弊社が操作をサポートいたしますのでご安心くださいませ。(詳しい使い方は公式サイトからご覧いただけます。)

会員登録をすることなく、1度のクリックとパスワードのご入力のみで打ち合わせができます。

どうぞご安心いただき、お気軽にお申し込みくださいませ。

オンライン無料経営相談について「相談できる範囲を知りたい」とのお声にお応えするため、下記よりお問合せもお受けしていますのでお気軽にご質問ください。


ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!