時代の風景

レナウンの民事再生手続き

アパレルショップ

ワタクシ的にもショックが大きい。。

今日の日経1面トップ。
レナウンの民事再生手続き。
コロナで上場企業初との見出し。

もともと、百貨店勤務の人間として、とても残念無念です。
一時期、
Jクルーのショップスタッフをしていたことがありました。
当時、Jクルーの日本事業はレナウンが運営していました。
アメリカ本国Jクルーも、レナウンも、と、
本当に寂しい限りです。

これからのアパレルの行方

衣食住というくらいですから、なくなることはない。
でも、その姿がどんどん変わっていくのかなと。

緊急事態宣言が解除になっている地域では、
お店再開の報道もなされているので、
この先、少しずつでも、動きが見えるかもです。

ワタクシとしては、2つの方向性に分かれると考えています。

モノありきのビジネスモデル。

いわゆるファーストファッション系。

もうちょっと深堀りすると、
自分のサイズがわかっていて、
そのブランドのサイズもわかっているという前提があるもの。

ということは、
ネットショッピングで、対応可能ということ。

より、ネットでのお買い物が増えそうなご時世。
大手企業は、こちらにシフトしていく可能性が高いと見ています。

ヒトありきのビジネスモデル。

中小店舗や、あるいは、高級ブランドは、やはり人間関係です。

というのも、
第三者目線で、
自分のスタイルを組み立ててくれる喜びがあるから。

ただし、売らんがための販売促進は淘汰されると思います。

伝説の販売員さん。

昔話ですが、
伝説的な販売員さんがいましたので、ちょっとご紹介。

とある大手企業アパレルショップの方ですが、
展示会に行って、あれを何枚、これを何枚とどさっと、買付。
店頭販売用ではないので、倉庫にいれたままです。。。。

なのに、
何年間も連続して、全国ナンバーファイブには、必ず入り、
報奨として、毎年ハワイ旅行ゲットというツワモノ。

どうしていたかというと、
その方いわく、
「だって、アタマの中に、お客様のクローゼットにあるものが入っているもん。
持っているものに、仕入れた新作を組み合わせたら、かわいいと思うのよね。
だから、お電話して、来店していただいて、倉庫からもってきて、試着してもらったら、ほぼ間違いなく、お買い上げですぅ。」
だとさ。。。

ここまで徹底ができている。
誰もかないません。

一般的にしてしまえば、
どえらい信頼・信用、それを裏付けるセンスと、気配り。
お洋服・お客様への愛。
これらが、全て揃っている。

商売の真髄を見たという記憶でした。

みなさまの会社でも参考になるのではと思いご紹介しました。

オンライン無料経営相談のお申し込み方法

お申し込みは下記よりお受けしています。5月・6月・7月各月先着3社様限定でお問合せ順に弊社よりご連絡差し上げます。

オンライン相談はweb会議システムの「Zoom」(ズーム)を活用します。ご自宅や事務所など場所を問わず、スマホ、パソコン、タブレットよりご参加いただけます。

※Zoomを初めてお使いになる方や使い方にご不安がある方は、弊社が操作をサポートいたしますのでご安心くださいませ。(詳しい使い方は公式サイトからご覧いただけます。)

会員登録をすることなく、1度のクリックとパスワードのご入力のみで打ち合わせができます。

どうぞご安心いただき、お気軽にお申し込みくださいませ。

オンライン無料経営相談について「相談できる範囲を知りたい」とのお声にお応えするため、下記よりお問合せもお受けしていますのでお気軽にご質問ください。

ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!