経営

決算書を受け取ったら。

3期分見開きで並べてみる!

3月決算の会社さんは、そろそろ、決算書が手元に届く頃ではないでしょうか?
税理士さんや会計事務所さんから、ご説明を受けて、昨期どうだったのか?
そんな説明を受けるのでしょうか?

一歩進めて、
さらに決算書を活かす方法があります。

それは、3期分見比べてみることです。

損益計算書をなんかでは、
特に、大きく数値が変化したところに注目です。
そこには、その期、経費をかけたところ、大きく減ったり増えたりしているはず。
その要因はなにか、探りたいものです。
そこに経営の高度化へのヒントがたくさんあります。

また、貸借対照表では、
ちょっとわかりにくいかもしれませんが、
まずは、現預金の残高をチェックしたいです。
そして、その要因はなにか、こちらも探っていきます。

売上高増減?経費の増減?
それとも、設備投資での出費?
または、各種経費の増減?
借り入れ金の増額または返済。

損益計算書と貸借対照表を行ったり来たり。
時系列でみていくと、おぼろげながら、その要因がみえてきます。
不思議と。

要因がつかめたら、

それを今期の方針に盛り込むことができます!

これまで、****だったから、今期はこうしよう!
この調子をキープするために、ここに注力しよう!とか。

ちょっと、資金面で資金繰りが、厳しそうだから、金融機関に相談しようかな、とか。

最近、なんでも値上がりだから、売値をあげつつ、
少しでも、経費削減策をねってみようとか。

いろんなヒントが出てくると思います。

決算書は、健康診断書。

ぜひ、大切に扱ってくださいね!


「こくろぐ」は、札幌市を拠点に
北海道全域へご訪問している
経営コンサルタント/中小企業診断士
国仙悟志のサイトです。

経営コンサルティング全般【経営戦略・経営理念・人事・マーケティング・財務戦略・マーケティング・マーチャンダイジング・ブランディング等】及び、オリジナルの事業計画書「事業計画マップ®️」を軸とした起業・創業・再建のご支援を行い、北海道の中小企業様の「これから」を応援しております。

ご支援の流れは初回ご相談→診断→ご提案となり、
初回のご相談は無料です。
必要なご支援をお届けするために、
売り込みなどは一切行いませんのでご安心ください。

このようなご相談もお受けしています

  • 中小企業診断士にはどんなことを相談できますか?
  • 多くの費用はかけられませんが「何を相談できるか」のご相談も可能ですか?
  • 緊急の売上減少対策が必要です。単発のご相談にも乗ってもらえるでしょうか?

企業様の数だけあるご相談のカタチに寄り添います!

ご相談・お問い合わせはこちら

これまでのご支援企業様の地域:札幌市、旭川市、函館市、富良野市、苫前町、釧路市、美幌町

ABOUT ME
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!