中小企業の経営戦略

第7期決算まとめちゅう!

決算書

弊社6月末決算!

ひえー、
いつもこの時期、忙しい!

弊社、6月末決算。
おかげさまで、第7期が終わりました。
コロナ禍で、爆発的に忙しかった1年でありました。
また、リモート化が進み、経費削減も。
おかげさまで、それなりの決算内容になりました。

いま、集計中。
8月には、顧問税理士に書類をだして、
決算を仕上げていただきます。

決算書の方向性。

思うに、2つの方向性があると考えています。

・がっつり、利益を出して、儲かっている風にする。
・手段を駆使して、収支均衡にする。

乱暴にいえば、
前者は、金融機関アピール系、後者は、税金対策系ともいえるでしょうか?

それは、経営者さんの判断なので、おまかせです。

でも、これは、損益計算書の話でして、

単年度の収支の話。
売上高がいくらで、損金がいくらで、、課税所得がいくらで、、、
実は、金融機関は、、そんな話には興味はないんですよね。
みればわかるから。そんなこと。

じゃあ、何に興味があるのか?

貸借対照表です。

現預金等はいくらあるのか?→資金繰りは大丈夫?
今後、資金ニーズがあるのか?→設備投資・運転資金等で、融資が必要なのか?
さらには、次期、予想貸借対照表はどうなっているのか?

こちらのほうが、大事なんです。

すてきな貸借対照表をめざして。

損益計算書は、社員総出で作り出すもの。
貸借対照表は、社長の意思で作り出すもの。

だって、売上、経費は、企業活動でできるものだから、
損益計算書は、会社全体の話。

一方、貸借対照表は、
社長が、借入金を起こしたり、設備投資したり、で変化するからです。
それも、利益剰余金のように、複数年に渡って、変化する項目も。

社長の経営方針は、貸借対照表に出ます。

みたことないなー、なんて言っていたら、金融機関の思うツボです。

ちなみに、すてきな貸借対照表って?
勘定科目が少なくて、総資産が少なく、現預金等が多いやつ。

そのうち、詳細書きますね。


「こくろぐ」は、札幌市を拠点に
北海道全域へご訪問している
経営コンサルタント/中小企業診断士
国仙悟志のサイトです。

経営コンサルティング全般【経営戦略・経営理念・人事・マーケティング・財務戦略・マーケティング・マーチャンダイジング・ブランディング等】及び、オリジナルの事業計画書「事業計画マップ®️」を軸とした起業・創業・再建のご支援を行い、北海道の中小企業様の「これから」を応援しております。

ご支援の流れは初回ご相談→診断→ご提案となり、
初回のご相談は無料です。
必要なご支援をお届けするために、
売り込みなどは一切行いませんのでご安心ください。

このようなご相談もお受けしています

  • 中小企業診断士にはどんなことを相談できますか?
  • 多くの費用はかけられませんが「何を相談できるか」のご相談も可能ですか?
  • 緊急の売上減少対策が必要です。単発のご相談にも乗ってもらえるでしょうか?

企業様の数だけあるご相談のカタチに寄り添います!

ご相談・お問い合わせはこちら

これまでのご支援企業様の地域:札幌市、旭川市、函館市、富良野市、苫前町、釧路市、美幌町

ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!