中小企業の経営戦略

鉄板、補助金が採択される3つのポイント

事業計画書

審査員はこういうところを見ている(たぶん)

今年は、コロナ禍で、補助金が多い年ですね。

補助金にチャレンジしている企業様も多いのではと思います。

こういう仕事をしていると、
補助金の申請のお手伝いしてくれませんか?
なんて、ご依頼をいただくこともあるのですが、
弊社ポリシーとして、補助金だけのご依頼はお断りしております。

というのも、
その企業様のことを深く理解せずに、
代行で、採択されるだけの作成はできないと考えているからです。

書くだけなら、なんぼでも書けますよ。

でも、もらうだけの申請だったら、
その事業計画に基づいて、
真摯に事業展開することができるのでしょうか?

ワタクシには疑問符しかないんです。

テクニックなんて通用しない。

読ませるテクニックなんて通用しません。
審査員のみなさんは、百戦錬磨のツワモノどもです。

いろんな審査員をやっているし、
審査員のみなさんもコンサルティング業に従事していたりして、
知見を持っていると考えているからです。

なので、
本当にやりたいこと、叶えたいことを、
しっかりと表現することが求められます。

採択される申請書とは?

今日の本題。
ワタクシが考える3つのポイントをお伝えします。

1次情報による現状分析がなされていること

現状・課題・解決方法。

その情報は、世の中で出回っている報道とか、
統計情報ではだめだと思います。

普段のご商売の中での気づき、変化、お客さんたちニーズ。
直に接している状況を分析して、
社会全般も、そうであると仮設がなりたつこと。

自社がこれまで培ってきたことを展開していること

これは、オンリーワンといってもいいかもしれません。

思いつきのアイデアなんて興味はありません。

先に上げた1次情報から読み取れた気づきから、
これまで培ってきた強み、ビジネスモデルを、
どのように、
令和の時代、2020年代、アフターコロナにあわせて、
ブラッシュアップしていくのか?

新規ビジネスだって、既存事業を横展開するものでないと、
成功確率が低いとかんがえちゃいます。

視点が未来に向いていること

未来はきっとこうなる。
こういうふうに変化する。
それに合わせて、自社はこう生まれ変わる。

トンネルの先は、だれにも分かりません。確かに。

しかしながら、
先に上げた2点をしっかり考察すると、
見通せる未来もあるんです。きっと。

そこには、新しい地平線が見えているはず。
新しい社会貢献のかたちがあるはず。
自社の未来が、ほんのりとでも見える。

そんな姿をはっきりと表現することが大切です。

補助金は、あくまでも補助金。

補って、助ける、カネです。

政府が出すお金が元手になっています。
さらにいえば、税金でございます。

国民の負担金で、事業をするわけですから、
事業遂行も慎重であってほしいし、
単なる資金繰りに消えるようなマネだけはしてほしくない。

ワタクシのひとりごととして、スルーしていただいてくださいね。


「こくろぐ」は、札幌市を拠点に
北海道全域へご訪問している
経営コンサルタント/中小企業診断士
国仙悟志のサイトです。

経営コンサルティング全般【経営戦略・経営理念・人事・マーケティング・財務戦略・マーケティング・マーチャンダイジング・ブランディング等】及び、オリジナルの事業計画書「事業計画マップ®️」を軸とした起業・創業・再建のご支援を行い、北海道の中小企業様の「これから」を応援しております。

ご支援の流れは初回ご相談→診断→ご提案となり、
初回のご相談は無料です。
必要なご支援をお届けするために、
売り込みなどは一切行いませんのでご安心ください。

このようなご相談もお受けしています

  • 中小企業診断士にはどんなことを相談できますか?
  • 多くの費用はかけられませんが「何を相談できるか」のご相談も可能ですか?
  • 緊急の売上減少対策が必要です。単発のご相談にも乗ってもらえるでしょうか?

企業様の数だけあるご相談のカタチに寄り添います!

ご相談・お問い合わせはこちら

これまでのご支援企業様の地域:札幌市、旭川市、函館市、富良野市、苫前町、釧路市、美幌町

ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!