中小企業の事業計画

いまこそ、濃厚接触!

ビジネストーク

コロナ禍だからこそ、新規事業

3密、なんですか、それ。

コロナ禍だからこそ、濃厚接触が必要なんです。

ワクチンや治療薬が出回らないなんて、
政府のせいにしたって、何ら解決しない。

経済活動が止まるから、
緊急事態宣言はもういいとか。

そんなの他人行儀です、他責のいい例です。

やる気になれば、
ワクチンツアーで、海外に行って投与することすらできるでしょ。

経済活動だって、経営活動だって、
同業他社で、先を行っているところありませんか?

ひとり、一社じゃできない。

そう、いまだからこそ、濃厚接触が必要なんです。

なにも、マスク外して、会食せよと言っているわけではなくて。
これからの時代に合わせた協業体制を作りましょうと、
いいたいわけ。

ひそひそ、こそこそ。

コロナ禍で、大方、思考停止状態になっているからこそ、
先行者利益が取れるというもの。

新型コロナウィルスは、
その蔓延の前からあった、
時代の変化を早めただけですから。

ZOOMだって、コロナ前からあった。
人口減少はそもそも見えていて、
飲食店経営に影響がでることは、わかっていた。

景気減速だって、
消費税増税から、そもそもはじまっていた。
コロナ禍で、さらに拡大しただけ。

時代の変化をしっかり捉え、
アタマの使い方を変えて、
新規事業展開にチャレンジできる時間ができた。

それが、コロナ禍の本質です。

だからこそ、
信頼できる者同士、濃厚接触で、
新たな地平線を目指して動いていく。
その時間をつくってくれた。

確かに、病魔は恐ろしい。
でも、経済まで、経営まで殺す必要はない。
自殺行為です。

今宵も、どこかで、ひそひそ、こそこそ。
濃厚接触で、打ち合わせしてますよ。

ワタクシも、今日明日、出張先で、濃厚接触。

ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!