中小企業の事業計画

最近、強い企業さんだなと思う共通点

ファイティングポーズ

日々の活動を通して感じること。

コロナ禍であっても。
不況であっても。
なんであっても。

お話ししていると、やはり、この会社さん大丈夫そう、
どころか、
まだまだ伸びしろありそうと、感じるときがあります。

弊社というか、ワタクシのコンサルティングって、
普段使い?普段着というのを、最近コンセプトにしています。

まぁ、本当に普段着でお会いするのですが。
最近では、Tシャツ+ショートパンツです。
暑いんで。

何が書きたいかというと、
強い企業さんだなと思う企業さんって、
本当につよい。

何が強いかというと、
普段からして、お客様にご提供すべき商品・サービスに関して、
圧倒的に、自己分析をしていて、
どうすれば、お客様の便益が増えるか?
自社の強みを使って、ご提供できるか?
そのことしか、考えていないということです。

ということは、ワタクシの出番はないのではと。

はい、正直いってありません(笑)

コンサルタントの出番はないのでは?と。

強いて出番をつくるとすれば、
思考の交通整理をお手伝いすることなんです。

ていうか、これが使命!

みなさん、ご自身のことは、よくわかっていらっしゃるんです。
もちろん、自社のこともよくわかっていらっしゃるんです。

でも、なんですが、
どこに力点をおけばいいのか?
どういう風に、思考回路をつなげればいいのか?
この交通整理が難しいのです。

いわば、その会社さんの勝ちパターンを作る、これが難しいのです。

とある企業様とのランチミーティング

コンセプトシートできました!
じゃぁ打ち合わせがてら、ランチミーティング!
と普段着で。

これが、すばらしい出来栄え。
その御方の人柄、強み、使命感がしっかりとまとまっていました。

でもなんですが、、、、
新商品提案でというシートをご提示していただいたところ。。。
先程の事業コンセプトがすっぽり抜けているではありませんか!!

あー残念。

という感じのやりとりでした。

そこで、新商品開発のコンセプトをやり直していただくことに。

商品って、会社の顔です。
その顔つきが、心からの笑顔(事業コンセプトの反映)がないと、
お客様も微笑むことはないと考えています。

さて、みなさんの商品は、微笑みをもってますか???

ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!