中小企業の事業計画

コロナ融資は、執行猶予。

タイムリミット

さて、3年後は、どうしますか?

企業経営者のみなさんの多くが活用しているコロナ融資。
据置期間が設けられていて、
今すぐに返済が始まるわけではないのですが、
いずれ、融資条件通りに弁済が始まります。

今日の日経によると、
コロナ金融対策第2段として、
「資本性ローン」の取り扱いが8月から始まり、
静かにスタートしたとも。
(詳しくは、紙面で)

さて、みなさんは、この先、
どのような財務戦略をくんでいきますか?
この戦略次第で、
企業の命運が変わります。

コロナ融資は、マイナススタート。

売上高が大きく減少した企業様への金融支援。
これが、コロナ融資の本質です。
(当たり前のようですが、再確認)

ということは、
この先、業績が回復して、十二分に返済できるだけ、
売上高が回復することが前提条件となっています。

今回のコロナ融資の特徴は、
政府系金融機関や、信用保証100%ということで、
貸し出す金融機関さんも取り組みやすいものでした。
いってしまえば、
民間金融機関も回収リスクが極めて少ないものといえます。
(一部、貸し出し競争も起きていましたね)

据置期間を設定しているということは、
その期間に、
「新しい生活様式」にあわせた商売を組み立てる時間をもらったということです。

令和に入り、コロナ禍で、
時代の流れが速くなり、
さらには、これまでの体験が通用しない時代の幕開けとなりました。

成功体験を捨てよ。
新たなる希望をもて。
そう神様が仰っているかのようです。

3年後を見据えて。

この秋が、最後のチャンスです。
今が仕込みどきです。

というのも、
今度は、年末、年度末が見えてきています。
資金需要がまた大きくなる時期です。

前にもかきましたが、
お客様が消えました。
旅行関連しかり、飲食業しかり(こちらも今日の日経にも)。

いままで培ってきた強みから導かれる経営戦略を立案して、
仮説検証できるのは、今、だけです。

お客様の捜索が必要なんです。
どこにいるの?お客様。
いったい、何に共感して、こちらのことを見てくれるの?
それを実現する、商品・サービスは何?

そんな観点から、手段と方法を探る必要があります。

求められる「発信力」

それを、素早く世に問うて、検証するのです。
そのために求められるのは、、
発信力です。

発信して、受信して、検証する。
ぐるぐると堂々巡りしてもいいんです。
どんどん回しましょう。

企画→開発→発信→受信→検証→再企画

これが、令和のPDCAです。

ここから、企業の方向性を見出すのです!

新しい商売の形から、

見えてきています。
何が?

どれだけ、反応があって、どんな反応があって、
これなら行ける!と感じたら、
数字を付けながら、まとめてみましょう。

将来像を作るのです。
それが新しい事業計画になります。

数字が先じゃない、数字は後からしか付けられない。
そして、後からしかついてこない。

そういうお手伝いをしています。

弊社クライアントの皆様とは、
こんなやりとりを最近しているんです。

弊社コンサルティングの一端をご紹介しました。


「こくろぐ」は、札幌市を拠点に
北海道全域へご訪問している
経営コンサルタント/中小企業診断士
国仙悟志のサイトです。

経営コンサルティング全般【経営戦略・経営理念・人事・マーケティング・財務戦略・マーケティング・マーチャンダイジング・ブランディング等】及び、オリジナルの事業計画書「事業計画マップ®️」を軸とした起業・創業・再建のご支援を行い、北海道の中小企業様の「これから」を応援しております。

ご支援の流れは初回ご相談→診断→ご提案となり、
初回のご相談は無料です。
必要なご支援をお届けするために、
売り込みなどは一切行いませんのでご安心ください。

このようなご相談もお受けしています

  • 中小企業診断士にはどんなことを相談できますか?
  • 多くの費用はかけられませんが「何を相談できるか」のご相談も可能ですか?
  • 緊急の売上減少対策が必要です。単発のご相談にも乗ってもらえるでしょうか?

企業様の数だけあるご相談のカタチに寄り添います!

ご相談・お問い合わせはこちら

これまでのご支援企業様の地域:札幌市、旭川市、函館市、富良野市、苫前町、釧路市、美幌町

ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!