中小企業の事業計画

借入金の良し悪し

借入金

借入金にも3つのパターンがある。

長引くコロナ禍。
企業様のなかにも、コロナ融資を受けた方もいるかと思います。

まだまだ先の見通しがつかない世情。
今日は、借入金の活用方法についてのお話。

いい借金と悪い借金、とりあえずの借金

中小企業って、なかなか、資金繰りが大変でございます。
もちろん、無借金経営がいいのですが、
そうはいかないのが、世の常であります。

で、借入金には、3つあると考えています。

・いい借金:積極投資のための借金
・悪い借金:赤字補てんのための借金
・とりあえずの借金:転ばぬ先の杖

いい借金

いわゆる先行投資のための借入金です。

設備投資だとか、人材投資のための資金。
ようは、
例えば、100万円借りて、100万円以上の入金が見込める
そんな投資のための借り入れ。
金融機関のお力添えをいただいて、
顧客サービスを充実させるために使う資金です。

悪い借金

あー今月末、支払でショートしそう、
だから、金融機関に相談しようっていうパターン。
いわゆる自転車操業をしているようなもの。
借り入れが借り入れを呼ぶ大変な事態です。

転ばぬ先の杖

これが、この度のコロナ融資で狙うべき、借り入れだと考えています。

今、一都三県は緊急事態宣言中。
まだまだ、先の見通しが立たない経済状況。

もし、なにかあったら、すっとだせる資金を確保していく、
そんなイメージです。

実質無借金経営という考え方。

中小企業は、これを狙うべきだと考えています。

現預金残高>借入金。
この式が成り立っていたら、財務内容がいいと考えていいのでは。

もし、仮にですが、
いま、企業活動を止めても、
借入金をぱしっと、全額返済できる状態という意味です。

これほど、経営者の枕が高い、安心できる状態はないと思います。
本来、傾注すべき、経営=顧客サービスの向上に注力できるからです。

財務内容をよくするには、

商品サービスの質的向上

生産性向上

収益性向上

財務体質改善

この道筋しかありません。

商品サービスを、今の時代の空気に合わせてチューンナップ。
それを、効率よく、ご提供できる仕組みを作る。
ゆえに、手残りがよくなる。
結果、財務内容がよくなる。

と書けば、えらい簡単な話です。

でも、物事ってとてもシンプル。
原理原則ってやつです。

弊社では、

定性面(文字面)での事業計画、
定量面(数字面)での事業計画の
立案のお手伝いをしております。

文字面で、事業の方向性、企業活動を見極め、
数字面で、それらが、しっかりと成り立つか検証する。

鉛筆なめなめみたいな事業計画は立案しませんよ。
しっかりと、経営者様の意図を汲んだ計画書立案のお手伝いをしております。

ちなみに、弊社の社名は、
株式会社ブルームプラン。

想いとしては、
ブルーム=花が咲く、プラン=計画。
そんな意味合いを込めています。

まだまだ、夜明け前で、暗い世相。
今だからこそ、未来に向けて動き出すチャンスだと考えています。

というのも、
準備を怠ると、いざ景気回復したとき、
世の中から置いてきぼりを喰らう可能性があるからです。

経済危機を、危機ととるか、機会ととるか?
まさに分水嶺だと考えています。


「こくろぐ」は、札幌市を拠点に
北海道全域へご訪問している
経営コンサルタント/中小企業診断士
国仙悟志のサイトです。

経営コンサルティング全般【経営戦略・経営理念・人事・マーケティング・財務戦略・マーケティング・マーチャンダイジング・ブランディング等】及び、オリジナルの事業計画書「事業計画マップ®️」を軸とした起業・創業・再建のご支援を行い、北海道の中小企業様の「これから」を応援しております。

ご支援の流れは初回ご相談→診断→ご提案となり、
初回のご相談は無料です。
必要なご支援をお届けするために、
売り込みなどは一切行いませんのでご安心ください。

このようなご相談もお受けしています

  • 中小企業診断士にはどんなことを相談できますか?
  • 多くの費用はかけられませんが「何を相談できるか」のご相談も可能ですか?
  • 緊急の売上減少対策が必要です。単発のご相談にも乗ってもらえるでしょうか?

企業様の数だけあるご相談のカタチに寄り添います!

ご相談・お問い合わせはこちら

これまでのご支援企業様の地域:札幌市、旭川市、函館市、富良野市、苫前町、釧路市、美幌町

ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!