中小企業の事業計画

気になる?補助金のあれこれ。

事業計画

補助金は公金である。

補助金。
今年は、コロナ禍が長引き、アレコレと出るようですね。

経済産業省系でいえば、
「事業再構築補助金」が、目玉。
たとえば、
飲食店が、待ちの姿勢から、デリバリーなど外に打って出るといった案件に、補助するというもの。

その他、いろんなメニューがあります。
小規模事業者持続化補助金、IT補助金、ものづくり補助金などなど。

ちなみに、
だれでも、要件に該当すれば、いただけるものもあれば、
例えば、最近の例では、持続化給付金とか、
上記のように、事業計画書を書いて、コンペ方式で、
採択されたものに、キャッシュバックされるものあります。

補助金は、公金である。

大事なポイントなので、もう一度書きました。

元手は、税金や国債。
きちんと、国会予算を通ったお金です。
私的なお金とは性格が違います。

補助金に採択されたら、「履行義務」が発生します。
つまり、何がなんでも、事業計画通りに、遂行しなければならない。

ちなみに、経済産業省とか、中小企業庁とかは、
元手を出したがゆえに、「監督義務」を負います。

てなわけでして、
採択されたからには、しっかりと、補助金の性格を理解し、
補助金のトリセツに従って、事業計画を遂行し、
成果を出すことが求められるわけです。

なので、お金が欲しくて、補助金に応募するのはご法度です!
言い切ります。

てきとーに書いて、テキトーにやればいいなんて、
安易なもんじゃないことだけは、認識してください。

中小企業診断士として、

時折、補助金の審査員を仰せつかったり、
政策審議会的なメンバーに仰せつかることもあります。

公的立場で、公平に、申請書を拝読するわけです。

自社でできるのか?
政策的に、もうひと押しすれば、実現するのか?
ていうか、単に出してみたのか?

申請書をつらっとみれば、そんなの一発でわかります。

あー、自分の(経営者自身の)言葉で書いているなとか、
補助金コンサルが、がっついているなとか、
補助金に初めてエントリーして、惜しいな、詰めが甘いとか、
補助金になれすぎて、麻薬にハマっているなとかね。

そんなことまで、わかるんですよー。

ちなみに、弊社では、

そんな事情もあり、
補助金だけのご支援は、お断りしております。

ご契約のクライアント様からご依頼があり、
事業遂行上、有利で、かつ、政策の意図と合致している場合のみ、
ワタクシができる範囲で、ご支援しております。

ノウハウはたっぷりあれど、ふふふ、秘密です。

秘密の扉は、はて、どうやって開けましょうかね?


「こくろぐ」は、札幌市を拠点に
北海道全域へご訪問している
経営コンサルタント/中小企業診断士
国仙悟志のサイトです。

経営コンサルティング全般【経営戦略・経営理念・人事・マーケティング・財務戦略・マーケティング・マーチャンダイジング・ブランディング等】及び、オリジナルの事業計画書「事業計画マップ®️」を軸とした起業・創業・再建のご支援を行い、北海道の中小企業様の「これから」を応援しております。

ご支援の流れは初回ご相談→診断→ご提案となり、
初回のご相談は無料です。
必要なご支援をお届けするために、
売り込みなどは一切行いませんのでご安心ください。

このようなご相談もお受けしています

  • 中小企業診断士にはどんなことを相談できますか?
  • 多くの費用はかけられませんが「何を相談できるか」のご相談も可能ですか?
  • 緊急の売上減少対策が必要です。単発のご相談にも乗ってもらえるでしょうか?

企業様の数だけあるご相談のカタチに寄り添います!

ご相談・お問い合わせはこちら

これまでのご支援企業様の地域:札幌市、旭川市、函館市、富良野市、苫前町、釧路市、美幌町

ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!