時代の風景

そのコンサルティングで大丈夫?

人材

時代の流れが加速した!

自問自答。
これまでのやり方でいいのだろうか?

というのも、
昨日、プロモーション会社の社長さんと話していて、
ビフォーコロナであれば、
月1回のリアルな打ち合わせで、
十分に、時代の流れ、企業様の課題解決に貢献できていたけど、
コロナショック最中の今では、
時代の流れが、変化がダイナミックに起きていて、
月1回という頻度では、
ことによっては、対応しきれないのでは?
という見解で一致しました。

本当に、世の移り変わりが早い。
この秋以降、
このダイナミックな変化についていけないと、
時代に振り落とされるかもと危惧しているわけです。

寄せられる相談内容をみていると。

公的支援でご依頼を受ける内容として多いのは、
ていうか、ほとんどかもですが、
今、手元にお金がどうしたら入るのか?
もうちょっと書くと、政府から、いかにお金を引っ張るか?
というものです。

確かに、今を乗り越えないと、未来は、ない。
今が苦しいから、なんとかという気持ちはよく分かる。

しかしながら、
この手のお金は、今年限りと考えられます。
コロナ融資だって、今年限りでしょう、きっと。

じゃあ、
ワタクシが、給付金のもらい方をご支援したところで、
何になるというのが、実感なんです。
赤字補てんのカンフル剤には、ワタクシは興味がないんです。

カンフル剤を使って、
次の嵐の備えにする、次の攻めの一手に使う、
そういう考えに転換していかないと、
アフターコロナを迎えることはできないと断言できます。

未来を読み切って、

次の一手=事業展開の方向性、それを叶える手段と方法を、
一緒に考えて、実現していく。

これが、ワタクシが考える、今求められるコンサルティングです。

なので、
補助金だけのお付き合いとか、給付金のもらい方だけとかの
ご支援はしないというのが、ワタクシの考えです。

さて、未来に向かって、歩いて行きましょう!


「こくろぐ」は、札幌市を拠点に
北海道全域へご訪問している
経営コンサルタント/中小企業診断士
国仙悟志のサイトです。

経営コンサルティング全般【経営戦略・経営理念・人事・マーケティング・財務戦略・マーケティング・マーチャンダイジング・ブランディング等】及び、オリジナルの事業計画書「事業計画マップ®️」を軸とした起業・創業・再建のご支援を行い、北海道の中小企業様の「これから」を応援しております。

ご支援の流れは初回ご相談→診断→ご提案となり、
初回のご相談は無料です。
必要なご支援をお届けするために、
売り込みなどは一切行いませんのでご安心ください。

このようなご相談もお受けしています

  • 中小企業診断士にはどんなことを相談できますか?
  • 多くの費用はかけられませんが「何を相談できるか」のご相談も可能ですか?
  • 緊急の売上減少対策が必要です。単発のご相談にも乗ってもらえるでしょうか?

企業様の数だけあるご相談のカタチに寄り添います!

ご相談・お問い合わせはこちら

これまでのご支援企業様の地域:札幌市、旭川市、函館市、富良野市、苫前町、釧路市、美幌町

ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!