経営

この先、事業継続に不安な方へ。その3

自宅勤務

いよいよの感染爆発直前。

緊急事態宣言、いよいよ全都道府県が対象となりました。
また、北海道を含む13都道府県は特定警戒とのこと。
さらに、警戒を強めなけらばならない事態。

個々の家庭の生活を維持すること。
社会の機能・基盤を守ること。
この両立が求められています。

政府の施策に期待しても、
どーも、救いを求めることができない。
自衛的行動を起こすしかありません。

家庭においては、2つの自衛策。

10万円とか30万円とか待っていてもしょうがないので、
生活防衛をしっかりすること。
確かに生活が困窮されている方も多いと思います。
この際、
しっかりと、お金の取説、使い方・稼ぎ方を学習しましょう。
そんなことは、公的教育では、教えてくれません。

お子さんのいる家庭では、
リモート教育の可能性を探りましょう。
教育は、家庭で行う、効果の高い投資です。
たとえ、丸裸になっても、教育は宝です。

企業本来の使命

企業の使命は、商品サービスの提供を通じて、
社会活動の基盤を提供することです。
これは、どんな事態であってもかわりません。

ただ、その手段と方法は、
時代や、事態によって大きくその姿が変わる、
いや、変えていかなければならない。

まずもって、
これまで、平時から備えしていたか?
今一度確認しましょう。

たとえば、繁閑に合わせた人員配置をしていたか?
緊急時の備えは十分だったか?
柳のように、しなやかな業務体制だったか?

そのような企業は、きっと慌てることはなかったと思います。

積極策を取り入れるなら

この際、人材教育(多能工化など)をすることで、
一人あたりの生産性を上げるなどの工夫をこらす必要があります。

また、普段はできない、オフィスや店舗の環境整備。
これも従業員の働き方改革にもつながります。
もちろん、商品サービスの提供方法改善にも。

アフターコロナに備えて、
事業計画を立案し、実行に移していく。
これも欠かせない活動です。

会社の生き残りをかけて

まずは、現預金の確保。
融資、補助金、あらゆる金融の手段と方法を取る。

大事なものから守っていく。
ヒト・モノ・カネです。
金融機関との交渉、取引先企業との交渉、従業員との対話という順に進めていきましょう。
従業員は、
事業推進に欠かせないノウハウをもった生身の戦力です。

それでも、立ち行かなくなりそうになったら、、、
もうちょっと正確に書くと、、、
経営者の家族を守り切れなくなりそうになったら、
企業自体のリスタートを考えましょう。

事業売却、体力があるうちの活動休止など。
残念だけど、経営者自身の命・家族を大事にすべきです。


「こくろぐ」は、札幌市を拠点に
北海道全域へご訪問している
経営コンサルタント/中小企業診断士
国仙悟志のサイトです。

経営コンサルティング全般【経営戦略・経営理念・人事・マーケティング・財務戦略・マーケティング・マーチャンダイジング・ブランディング等】及び、オリジナルの事業計画書「事業計画マップ®️」を軸とした起業・創業・再建のご支援を行い、北海道の中小企業様の「これから」を応援しております。

ご支援の流れは初回ご相談→診断→ご提案となり、
初回のご相談は無料です。
必要なご支援をお届けするために、
売り込みなどは一切行いませんのでご安心ください。

このようなご相談もお受けしています

  • 中小企業診断士にはどんなことを相談できますか?
  • 多くの費用はかけられませんが「何を相談できるか」のご相談も可能ですか?
  • 緊急の売上減少対策が必要です。単発のご相談にも乗ってもらえるでしょうか?

企業様の数だけあるご相談のカタチに寄り添います!

ご相談・お問い合わせはこちら

これまでのご支援企業様の地域:札幌市、旭川市、函館市、富良野市、苫前町、釧路市、美幌町

ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!