経営

自社公式ホームページを持つ意味。

ホームページ制作

制作過程が大事なんです。

いまどき、自社ホームページなんて。。
なんていわれそうですが。

ただいま、2社様のホームページ制作をお手伝いしています。

1社は、まるっきり初めて。
もう1社は、ホームページの改定です。

これだけ、SNSが発達しているから、いらないんじゃない?
と疑問を持たれる方も多いかと。

実は、そうじゃないということに触れたいなと。

SNSとの違い。

発信の場としては、とても有効です。
ワタクシもFB中心に発信してます。

拡散できるし、手軽で、費用がかからない。

とても便利なものです。

しかしながら、決まったフォーマットでしか、発信できない。
メッセージ性があるにしても、読み流されるという性質があると考えています。

そこで、公式HPの登場です。

公式ホームページ制作過程が大事。

というのも、
単に企業情報を流すだけなら、別に、そんな手間も、費用もかかりません。

問題は、手間なんです。

どれだけ作り込むことができるか???
ここが大切なんです。

ホームページ制作過程において、どんな打ち合わせ、話し合いをするか?
ここにフォーカスすべきなんです!

どんなISMで会社を運営しているのか?
どんなチームで商品サービスを提供しているのか?
そこで働く従業員は、生き生きとしているのか?
やりがいはどこにあるのか?
会社も、役員も、従業員も、ともに成長できる土壌があるのか?
そこには、どんな仕掛け、取り組みがあるのか?

その打ち合わせの中で、
その会社の問題点や課題が洗い出され、
どのような解決策をもってして、ことにあたっていくのか?
それが内部的にコンセンサスがとれて、実践されていく。

その過程を得て作られたホームページは、
ものすごく、メッセージ性が高く、発信力が高いものになります。

ワタクシの役割は、交通整理です。

いろんな意見が出て、ホームページの枠組みに落とし込みながら、
企業の問題点や課題をあぶり出し、解決策を提示し、実行支援する。

その過程を得た、その時のベストを、
制作会社さんに揉んでもらって、見える化する。

そして、
WEB空間にも、その企業の存在を示していく。

リアルにも、ウェブ空間にもです!

いまや、ウェブ空間に存在しないものは、リアルにも存在しないのでは?と、
勝手ながら、考えています。

自社公式ホームページ制作は、
・企業の問題点や課題解決の一助となる。
・ウェブ空間にも、存在させ、リアル空間での発信力を強化する。

いかがでしょうか?

自社公式ホームページ制作。
やってみませんか?


「こくろぐ」は、札幌市を拠点に
北海道全域へご訪問している
経営コンサルタント/中小企業診断士
国仙悟志のサイトです。

経営コンサルティング全般【経営戦略・経営理念・人事・マーケティング・財務戦略・マーケティング・マーチャンダイジング・ブランディング等】及び、オリジナルの事業計画書「事業計画マップ®️」を軸とした起業・創業・再建のご支援を行い、北海道の中小企業様の「これから」を応援しております。

ご支援の流れは初回ご相談→診断→ご提案となり、
初回のご相談は無料です。
必要なご支援をお届けするために、
売り込みなどは一切行いませんのでご安心ください。

このようなご相談もお受けしています

  • 中小企業診断士にはどんなことを相談できますか?
  • 多くの費用はかけられませんが「何を相談できるか」のご相談も可能ですか?
  • 緊急の売上減少対策が必要です。単発のご相談にも乗ってもらえるでしょうか?

企業様の数だけあるご相談のカタチに寄り添います!

ご相談・お問い合わせはこちら

これまでのご支援企業様の地域:札幌市、旭川市、函館市、富良野市、苫前町、釧路市、美幌町

ABOUT ME
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!