経営

人手不足は解消できるのか?

人手不足

やり方次第で解消します!

昨今、よく言われる人手不足。。

求人を出しても来ないし、
忙しくてどーしようもない。
そういう声を聞くことがどんどん増えてきてきました。

クライアント様でも、求人が集まるところと、そうじゃないところがあります。

一体、どこに差があるのでしょうか?

視座

まず、これが違います。
視座とは、どの立ち位置から物事を見るかということ。

新規雇用ができるクライアント様は、ここが高いんです。
「企業も、個人も一緒に成長する!!」
この考え方が徹底していて、どうすれば、この先の成長を叶えることができるか?
チームワーク力を徹底的に磨き上げて、新卒採用にこだわっています。

というのも、
新卒採用では、そのISMをまっさらなキャンパスに書いていくことができるから。
いままで培ってきた、いやさらに、毎日の活動で磨き上げている育成の方法を、
徹底的にやりきる。

そんな姿が、20歳そこそこの学生に響き、応募してきます。

一方、なかなか難しいな感じている企業さんは、
ISMなし、チームワーク力が弱い、成長というより維持で精一杯。
これでは、働きがいがないですよね。

給与待遇

もうちょっと正確に書くと、給与と待遇。

給与は、まっとうに働きがいが反映されるものであること。
納得感が大事。
高い安いだけの話ではないんです。

あー、ちゃんと会社(社長)に見てもらえているなという感覚です。

待遇、福利厚生やお休みをなどまとめて指していますが、
家族でもない、友人でもない、でも、まとまっているチームにおいて、
いろんな考え方があるはずです。

一律なものではこの先の時代は通用しないのでは?と考えています。

多様性という曖昧なことばではなくて、
チームのひとりひとりが、それぞれの人生を歩んでいるわけですから、
柔軟な対応が必要です。
これは、百社百様です。
また、人生において、仕事は重要な位置を占めますが、
それだけではないことを認識すべき。
ライフデザイン?ていうか、人生においてどんどん変わる環境に対応できる制度が必要です。

生産性

ここの意識が違います。

人時生産性。

これを最大化させる意識が経営陣にあるか?

業務を行う個人、チームプレー、さらには、適切な設備投資。

一時間でどれだけ売上をつくり、利益を創出するか?
ここにフォーカスしているクライアント様は強い。

一度計算してみてください、
現状、どのような業務配分、手順、チームワークによる手助けがあるか?

じゃぁ、それに対して、成長するという課題のため、
明日からでもできることは何なのか?

この意識を徹底してください。

大きな視点でみると、

日本人は減っていきます。
これは、間違い事実。

ワタクシのような第二次ベビーブーム世代は、ざっくりと200万人。
いま、成人している世代は、100万人。
半分ですから、、、
当然に、人手不足になるわけで。

争奪戦みたくなって当たり前です。

でも、そんな外部環境においても、
しっかりと人材を確保し、葛藤しながらも、成長している企業さんがある。
これは事実です。

もし、この記事がお役に立てるなら幸いです!


「こくろぐ」は、札幌市を拠点に
北海道全域へご訪問している
経営コンサルタント/中小企業診断士
国仙悟志のサイトです。

経営コンサルティング全般【経営戦略・経営理念・人事・マーケティング・財務戦略・マーケティング・マーチャンダイジング・ブランディング等】及び、オリジナルの事業計画書「事業計画マップ®️」を軸とした起業・創業・再建のご支援を行い、北海道の中小企業様の「これから」を応援しております。

ご支援の流れは初回ご相談→診断→ご提案となり、
初回のご相談は無料です。
必要なご支援をお届けするために、
売り込みなどは一切行いませんのでご安心ください。

このようなご相談もお受けしています

  • 中小企業診断士にはどんなことを相談できますか?
  • 多くの費用はかけられませんが「何を相談できるか」のご相談も可能ですか?
  • 緊急の売上減少対策が必要です。単発のご相談にも乗ってもらえるでしょうか?

企業様の数だけあるご相談のカタチに寄り添います!

ご相談・お問い合わせはこちら

これまでのご支援企業様の地域:札幌市、旭川市、函館市、富良野市、苫前町、釧路市、美幌町

ABOUT ME
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!