つれづれなるままに

ワタクシと新聞

新聞

毎朝の日課です。

みなさん、新聞とってますか?
最近では、ネット配信もあるので、
紙媒体としての地位がさがりつつありますねえ。

でも、ワタクシは、
毎朝の日課として、新聞は、結構時間をとってよみます。
熟読というほどはではないのですが。

取っているのは、日経本紙と日経MJです。

もうどれくらいとっているのかな?
25年以上かしら。
日経MJは、ここ数年ですが。

なんせ、テレビはみないもので、、

テレビのリモコンを手に取るときは、消すときだけ。
なので、普段はまったくみません。
さすがに、災害とかのときはみますが。。。

なので、
世の中で、何が起きているのか、
最低限のニュース源として、新聞に頼っているという感じです。

北海道では、シェアとして、北海道新聞が一番なのですが、
ウチでは取っていないのであります。
というのも、
特に、北海道特化の情報にそんなに興味がないから。

それよりも、
全般的な経済の流れのほうが、どちらかというと、大事にしているから。

本来であれば、両方取ればいいのですが、不便さは感じないし、
必要性も感じない。
北海道のニュースは、ネットでちらりとみればいいかなという感じです。

紙媒体のよさ。

それは、順番にならんでいるから。
その新聞社が、大事だなという順番に、
1面から、順序よく記事を並べてくれている。
ここがポイント。

これだけは、みておいてねという感じで、1面は構成されている。

その次のページからは、
カテゴリー別、例えば、経済面とか、国際面とか、地方面とか、
きちんと整理されている。
だから、情報ソースとして、取りに行きやすいのであります。

注意すべきは、

新聞社も企業であること。

なにが言いたいかというと、
新聞社も、しっかりと読者を捕まえ、購読料をいただき、
広告もみていただき、広告料をいただく。

これが、新聞社のビジネスモデル。
(新聞配達店の配達料金、折込チラシも、あるけどね)

ということは、
読者が見たい現実を、文字化して売っているということになります。
そうしないと、読者離れが進んで、購読者が減ってしまう。。。

各紙、特徴がありますが、
それは、同じで、
日経なら、想定されうる読者の興味を引くように書いているはずです。

なので、
これは、現実として受け止めていいのか?
自分の目で、アタマで、考えながら、読む必要があります。

そう、新聞は能動的なんです。

開かなければ、ただの紙。
読まなければ、ただのゴミ。

自らの目とアタマを使って、情報を取りに行く。
ここが大事。

一方、テレビやラジオは、受動的。
流れてくるものを、受け取るだけ。

この差は、大きい。

だから、新聞を大事にしていることもあります。

ネットニュースは、ワタクシも見ます。
ヘッドラインがプッシュ通知でくるので、
速報性に優れている。
でも、そのニュースの背景にあるものまでは、わからない。

その使い分けが大事かなと。

今日は、大雪の札幌。

いつも、5時には、届くのですが、、、
まだ、郵便受けに入っていない。。。

だから、新聞のことを書いてみました。

そろそろ6時。

今日は、さすがに、朝ランニングも路面に雪が積もり過ぎて無理そう。。。。

ゆっくり、新聞を読み込もうかな?


「こくろぐ」は、札幌市を拠点に
北海道全域へご訪問している
経営コンサルタント/中小企業診断士
国仙悟志のサイトです。

経営コンサルティング全般【経営戦略・経営理念・人事・マーケティング・財務戦略・マーケティング・マーチャンダイジング・ブランディング等】及び、オリジナルの事業計画書「事業計画マップ®️」を軸とした起業・創業・再建のご支援を行い、北海道の中小企業様の「これから」を応援しております。

ご支援の流れは初回ご相談→診断→ご提案となり、
初回のご相談は無料です。
必要なご支援をお届けするために、
売り込みなどは一切行いませんのでご安心ください。

このようなご相談もお受けしています

  • 中小企業診断士にはどんなことを相談できますか?
  • 多くの費用はかけられませんが「何を相談できるか」のご相談も可能ですか?
  • 緊急の売上減少対策が必要です。単発のご相談にも乗ってもらえるでしょうか?

企業様の数だけあるご相談のカタチに寄り添います!

ご相談・お問い合わせはこちら

これまでのご支援企業様の地域:札幌市、旭川市、函館市、富良野市、苫前町、釧路市、美幌町

ABOUT ME
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!