経営

71.6kg、16.3%、44,000円

体重計

数字への感度が経営改善のカギ

今日も軽やかに、朝ランニング。13km。
シャワーを浴びて、体重計。
71.6kg、16.3%
うん、いい感じで、絞れてきています。

昨晩、おでかけして、レシート整理。
いまやキャッシュレス。
現金を使うことが滅多にないのですが、
いちおう、現金は多めにもっています。
なんかあったときの安心料として。

体重+体脂肪率+お財布の現金。
この3つ、すぐに言えますか?

日々変わる数字に対する感度の指標。

体重や体脂肪率は、日々変わります。

お財布のなかの現金だって、おんなじ。

では、聞きます。
自社が大切している係数(数字)は、すぐに言えるでしょうか?
売上金、現預金等残高、粗利益、固定費、
従業員一人あたりの売上、給与総額、
取引先別売上高、仕入先別仕入高。

おおよそですが、
数字に敏感な経営者さんは、業績がいいことが多いです。

だから、最初に聞きました。
身近な数字として、体重・体脂肪率・手持ち現金。

会社だって、
身近な数字があるでしょ。
試算表見るまでもなく、知っておくべき数字。確認しておきたい数字。

あれって、変化に気づくか?
これが重要なんです。

体重で言えば、ちょっと最近食べ過ぎたかなとか?
体脂肪率で言えば、運動不足かもとか?
お財布でいえば、無駄遣いしていないかとか?

自分のことが、おざなりだったら、
会社のことは、どんぶり勘定でしょ。

あれ、粗利益がへっているとか、
やたら、人件費があがっているなとか、
そういう数字に敏感に反応してほしいと思います。

原材料価格、物価の上昇。
人手不足からくる残業代の増大とか、
いろんな状況が数字から見えてきそうです。

それらを放っておいて、経営改善はできない。

試算表・決算書は、ヒントの宝庫。

日々の経営活動の結果に過ぎない過去の数字。

でも、健康診断的にみることができますよね。
月次試算表なら、去年と比較してみる。
決算書なら、3期分くらい、並べて比較してみる。

見えてくるものがたくさんあります。

そこに、この先の道しるべのヒントがあります。

まずは、体重計にのりましょう!
日々の体重の変化を感じてくださいね!

ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!