中小企業のマーケティング

今こそ、経営改善のチャンス!!

お客様

誰のための会社なのか?

コロナ禍で、傷んだ会社。
お客様が離れたり、資金繰りがうまく行かなかったり、従業員が離職したり。

そんな企業さまも多いのではないのでしょうか?

では、っていうので、
補助金申請したり、融資を受けたり、採用活動したり。
それで、企業基盤を再構築することができるのか?

ワタクシの答えは、NOです。

いまだから、見直すこと。
唯一無二、これです。

よって立つ、企業の姿勢。

これです。

そもそも、企業って、何で成り立っていますか。。

お客様です。

お客様に感謝し、感謝される存在であること。
これに尽きます。

いま、とある個人向けサービス業様と、打ち合わせを重ねているのですが、
まさに、この点を徹底的に深堀りしています。

お客様が、お金に見えたとき。
それは、その企業様の終わりの始まり。
顧客離れがどんどん進んでいきます。

だって、売らんがために、押し付けになっちゃうから、
お客様の満足度がどーんと下がります。
敏感ですよ。ていうか、お客様は、すぐわかる。

お客様ファーストの考え方

いまこそ、再確認の時期では?と。

件の企業様は、「箱」であるホームページを作るということをきっかけに、
コンテンツである、会社の見直しに着手。

議論を重ねた上、出てきたことば。

「本気で、お客様に感謝し、お客様に感謝される会社になる」

一見、ベタな表現ですが、深い考察があります。

お客様に支えられていることへの感謝。
お代金をいただきながら、感謝されることで、自らの存在感を実感する。
質を追う、つまり、目の前のお客様に最大限の貢献をする。

当たり前のようで、それができている会社様って少ない、そう感じています。

そこには、売上だとか、顧客単価とか、お金の話はない。

経営計画は、数字ありきではない。

これ、ワタクシの信条です。

一般的に、経営計画って、数字の羅列。
それを達成すべく、企業活動を定めていく。

順序が逆なんです!!

まずは、どんな根本的な考え方があって、
どんな行動を、普段の業務に落とし込んで、実行していくか?

それで、初めて、売上がたち、利潤が生まれる。

そのためにも、従業員が、誇りをもって業務に邁進できる環境を作る。
それが、経営者の務めです。

数字を追うな、お客様の心の動きを追え!

これが、今日のメッセージです。


「こくろぐ」は、札幌市を拠点に
北海道全域へご訪問している
経営コンサルタント/中小企業診断士
国仙悟志のサイトです。

経営コンサルティング全般【経営戦略・経営理念・人事・マーケティング・財務戦略・マーケティング・マーチャンダイジング・ブランディング等】及び、オリジナルの事業計画書「事業計画マップ®️」を軸とした起業・創業・再建のご支援を行い、北海道の中小企業様の「これから」を応援しております。

ご支援の流れは初回ご相談→診断→ご提案となり、
初回のご相談は無料です。
必要なご支援をお届けするために、
売り込みなどは一切行いませんのでご安心ください。

このようなご相談もお受けしています

  • 中小企業診断士にはどんなことを相談できますか?
  • 多くの費用はかけられませんが「何を相談できるか」のご相談も可能ですか?
  • 緊急の売上減少対策が必要です。単発のご相談にも乗ってもらえるでしょうか?

企業様の数だけあるご相談のカタチに寄り添います!

ご相談・お問い合わせはこちら

これまでのご支援企業様の地域:札幌市、旭川市、函館市、富良野市、苫前町、釧路市、美幌町

ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!