中小企業の事業計画

ものづくりと事業再構築、補助金のトリセツ

補助金

まったくもって、違うものです。

今年度、補助金がものすごいことになってますね。
コロナ禍で、なんとか経済を回したいという政府の考えがあるようです。

経済産業省系で、補助金といえば、
・ものづくり補助金
・事業再構築補助金
です。

弊社も、お問い合わせ多数で、日々、申請に向けてご支援しているところです。

そんななか、思うところをつれづれと。

まずもって、補助金の心得

これ、見誤ると、痛い目に遭う。

というのも、
補助金って、タダで貰えるからいいじゃん!
なんて考えると、とんでもない。

事業計画書に書いたことは、何がなんでも、やりきる!
そういう気概が大事です。
ていうか、採択されたからには、履行義務が発生します。
また、頂いた補助金で買った設備は、
その事業計画書に基づいて、使用しなければならない。
そうしなければ、最悪、返還義務すらあります。

また、補助率というのも曲者で、自己負担があるわけです。
たとえば、3分の2補助ということであれば、
3分の1は、自己負担です。

ということは、その自己負担分は、何らかの形で、調達しなければならない。

自己資金で賄えない場合。。。

補助金相当額を、短期借入金で賄い、
自己負担相当額を、長期借入金で賄う。
これ、セオリーです。

で、問題なのは、事業がうまくいかなかったとき。。。

借入金の返済はあるわ、商売うまくいかなくて、余計な出費が増えるわ、
ついでに、監督官庁から指摘も入るわと、踏んだり蹴ったり。

そこで、弊社は、
この先、企業様が、確実に事業の方向性として、傾注していくビジネスとして、
政府の政策の意図と合致しているのか?
しっかりと確認させていただきます!

で、なければ、ご支援をお断りしております。

なんぼでも、申請に向けて、事業計画書はかけますよ、たしかに。
でもね、事業基盤を毀損するような補助金の扱いなんて、ありえない。
お金がほしいだけなら、専門の業者さまにご依頼ください。

で、2つの補助金の違い。

前述の前提を踏まえて。

・ものづくり補助金
→既存ビジネスを、新たな設備投資で、パワーアップさせる補助金
・事業再構築補助金
→既存ビジネスが時代の流れのそぐわなくなって、設備投資を絡めて新たなチャレンジを促す補助金

この違いが、政策の意図として、如実にあらわれています。

後者は、イメージでいえば、破壊と創造の補助金と言えます。
予算規模も1兆円以上と大型の補助金です。
力の入れ具合が見えてきます。

実際の弊社のご支援

原則的に、ご契約クライアント様に限らせていただいております。

というのも、
何度も書いているところでもありますが、
これまでの事業活動の理解なしに、
新たなビジネス展開を適切に判断し、
それに向けた事業計画書づくりのご支援ができないからです。

将来的に、事業基盤を崩すことが、一番コワイのです。

具体的なご支援は、、、

なんといってもヒアリング、
事業の組み立て、
補助金の選択、
事業計画書策定支援、
申請手続き支援、
証憑類の整理、事業報告書作成支援、
事後、5年間のフォローアップ、事業報告書作成支援。

ご契約クライアント様だからこそ、しっかりと、ご支援させていただきます!


「こくろぐ」は、札幌市を拠点に
北海道全域へご訪問している
経営コンサルタント/中小企業診断士
国仙悟志のサイトです。

経営コンサルティング全般【経営戦略・経営理念・人事・マーケティング・財務戦略・マーケティング・マーチャンダイジング・ブランディング等】及び、オリジナルの事業計画書「事業計画マップ®️」を軸とした起業・創業・再建のご支援を行い、北海道の中小企業様の「これから」を応援しております。

ご支援の流れは初回ご相談→診断→ご提案となり、
初回のご相談は無料です。
必要なご支援をお届けするために、
売り込みなどは一切行いませんのでご安心ください。

このようなご相談もお受けしています

  • 中小企業診断士にはどんなことを相談できますか?
  • 多くの費用はかけられませんが「何を相談できるか」のご相談も可能ですか?
  • 緊急の売上減少対策が必要です。単発のご相談にも乗ってもらえるでしょうか?

企業様の数だけあるご相談のカタチに寄り添います!

ご相談・お問い合わせはこちら

これまでのご支援企業様の地域:札幌市、旭川市、函館市、富良野市、苫前町、釧路市、美幌町

ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!