中小企業の事業計画

文字化することは、意思をつくる。

文章づくり

事業計画書と弊社名

弊社の社名は、株式会社ブルームプランです。
そんなのわかってるって、いわれそうですが。

そこに込めたワタクシの想いは、
ブルーム=お花が咲く、プラン=計画、
計画づくりを通じて、未来を切り開いていきたい!
というものです。

計画って、
この先、迎えるべき未来を、
文字や数字で表現して、それを実現するための強力なツールです。
と、考えています!

そんなの絵空事でしょ?と、みなさん、最初は考えるんですよね。

でも、事業計画書立案には、2つの大きな役割があるんです。

回帰すべき原点の確認

いま、自分の会社ってどうなっているのだろう?
これまで、培ってきたノウハウってなんだろう?
そもそも、自社が存在する意義ってなんだろう?

そんなことがらを整理することができます。
原点回帰。
こまったら、原点に戻る。

役職員、百人百様に考えているものです。

それを統一的に意識を揃えるために、
これまでの活動を振り返る。
依るべきところをしっかりと把握する。

そうすることで、意識統一が図られるのです。

これからの行動への意思がため

見通しが利かないこのご時世。

とはいえ、企業活動は続いていきます。
というより、継続していかなければならない。
顧客のため、社会のため、従業員のため、そして経営者自身のため。

どんな方向にすすんでいくのか?
行き当たりばったりでは、
時代の風に流されて、いつかは厳しい局面にぶつかったときには、
難局を迎えることになってしまいます。

どんな事業の方向性が、顧客等のためになるのか?
そのための打ち手は、なんなのか?
打ち手を有効にするために、どんな課題を克服しなければならないのか?

それらをまとめてみる。

はい、これで、事業計画書の出来上がりです。
それに数字を付けてみる。
予算書みたいものですね。
そして、目標値もつける。

そして、社内で、共有して、みんなで、突き進んでいく。

事業計画書は絵空事ではない。

言葉には魂がこもっています。

数字は裏切らない。

書いて、それに向かって行くツールなんです。

だから、ワタクシ、弊社では、事業計画書をとても大切にします。

新年度を迎えるにあたり、
みなさまの会社でも事業計画書づくりをしてみませんか?
きっと大きな気付きがあるはずです。

張り切って、お手伝いします!


「こくろぐ」は、札幌市を拠点に
北海道全域へご訪問している
経営コンサルタント/中小企業診断士
国仙悟志のサイトです。

経営コンサルティング全般【経営戦略・経営理念・人事・マーケティング・財務戦略・マーケティング・マーチャンダイジング・ブランディング等】及び、オリジナルの事業計画書「事業計画マップ®️」を軸とした起業・創業・再建のご支援を行い、北海道の中小企業様の「これから」を応援しております。

ご支援の流れは初回ご相談→診断→ご提案となり、
初回のご相談は無料です。
必要なご支援をお届けするために、
売り込みなどは一切行いませんのでご安心ください。

このようなご相談もお受けしています

  • 中小企業診断士にはどんなことを相談できますか?
  • 多くの費用はかけられませんが「何を相談できるか」のご相談も可能ですか?
  • 緊急の売上減少対策が必要です。単発のご相談にも乗ってもらえるでしょうか?

企業様の数だけあるご相談のカタチに寄り添います!

ご相談・お問い合わせはこちら

これまでのご支援企業様の地域:札幌市、旭川市、函館市、富良野市、苫前町、釧路市、美幌町

ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!