つれづれなるままに

そもそも、中小企業診断士ってなんだ?

中小企業診断士

今日の公的支援で、

今日、公的支援で、事業者様と初打ち合わせ。

中小企業診断士ってなんですか?
とストレートな質問。

そうなんですよ~。
この資格、えらく地味(知られていない)、
独占業務がないがために、イメージがない(経営者にとって)。

一方で、お勤めの方はよーく知っているという現実も。
自己研鑽のために目指す方も多い。

ということで、
経営者のみなさまには縁遠く、
お勤めの方には、身近?な資格なんです。

そもそも、何をしているのか?

経営コンサルタントの国家資格です。
というのが、教科書的なお答え。

経営コンサルタントと、
一口でいっても、
様々な方がいらっしゃいます。

ワタクシも、その端くれであります。

で、ですね、
ワタクシの解釈というか、立ち位置というか、
根本にあるものを、書こうかと。

経営者がなんにも心配なく経済活動できること

これが、ワタクシの究極の願いです。

経営活動としての戦略立案、
商品サービスを展開するマーケティング、
ヒトにまつわる組織開発、
お金周りの話。
そんな内容を経営活動と呼んでます。

経営活動と経済活動。
両輪です。
どちらが上で下でということではありません。

ワタクシの目標としては、
経営者の皆様が、枕高く経済活動に没頭できるよう、
一緒に走りながら、経営活動のお手伝いすること。

創業でも、成長ステージでも、新規事業開発でも、再生局面でも。
経営者、そのご家族、従業員、そのご家族、
さらには、お取引先様、その企業のお客様。
みなさまが、幸せであってほしいというのが、
ワタクシの目指すところです。

診断士によって、活動フィールドが違う。

これまた真実でありまして。
そもそも、考え方が違う。
自身の立ち位置の捉え方も違う。
そう思います。

いろんな業務がありうると思うんです。

公的支援、クライアント契約、顧問契約。
公的相談員、公に対しての民間ベースのお仕事。
専門分野に特化したり。
いろいろです。

お試し期間なんか設けて、
相性の良い、中小企業診断士や経営コンサルタントを活用して、
経営活動を見直すのも、
このコロナ禍で有効かもしれません。


「こくろぐ」は、札幌市を拠点に
北海道全域へご訪問している
経営コンサルタント/中小企業診断士
国仙悟志のサイトです。

経営コンサルティング全般【経営戦略・経営理念・人事・マーケティング・財務戦略・マーケティング・マーチャンダイジング・ブランディング等】及び、オリジナルの事業計画書「事業計画マップ®️」を軸とした起業・創業・再建のご支援を行い、北海道の中小企業様の「これから」を応援しております。

ご支援の流れは初回ご相談→診断→ご提案となり、
初回のご相談は無料です。
必要なご支援をお届けするために、
売り込みなどは一切行いませんのでご安心ください。

このようなご相談もお受けしています

  • 中小企業診断士にはどんなことを相談できますか?
  • 多くの費用はかけられませんが「何を相談できるか」のご相談も可能ですか?
  • 緊急の売上減少対策が必要です。単発のご相談にも乗ってもらえるでしょうか?

企業様の数だけあるご相談のカタチに寄り添います!

ご相談・お問い合わせはこちら

これまでのご支援企業様の地域:札幌市、旭川市、函館市、富良野市、苫前町、釧路市、美幌町

ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!