経営

補助金獲得に必要なこと

事業計画書

補助金は、文字通り補助手段である。

時折、補助金申請だけのお手伝いをしてくれませんか?
というお問い合わせをいただきますが、
弊社では、以下の2点を理由に、お断りしております。

その1
深く申請者様のことを知らずして、申請書を書くことなど、
到底無理だから。
したがいまして、クライアント契約先様に限り、
戦略上、財務上有利であると判断される場合ご支援しております。

その2
弊社代表取締役が、中小企業診断士であり、
各種、補助金の審査委員を受託しており、
その公平性を担保するため。

補助金獲得のポイント

とはいえ、
支援をしたり、審査をしていると、
ポイントというものがわかっているので、
ちらっと、ご紹介いたします。

補助金のためだけの事業計画書ではないこと

よく見かけるパターンです。
なんとか、資金繰りに回そうとして補助金のためだけの申請。
補助金のほとんどは、経費先払い、補助金後入金です。

なんとしても、
企業として、どのような歩みをしていきたいのか?
骨太な年度事業計画書の一部を、
補助金に該当する部分だけ書き出したようなものが、
やはり、読んでいても筋が通っています。

課題設定、解決策が明確であること

これも年度事業計画書にかいてあるはずです。
将来を見据えると、現状とのギャップがあるはずです。
それを課題として設定して、
いかなる方法と手段で解決していくのか?
単にお金だけがほしい申請書はここの詰めが甘いものです。

数値化の内容が納得できる

課題解決に対しての方法と手段にいくらかかるのか?
楽観的観測ではなく、
単なる数値でもなく、
投資対効果、つまり、お金創出、時間創出に、
納得感があるものでないと、合格しません。
これが、往々にしていい加減のものが多い。
また、夢物語にすぎないものも多い。

応援したい 補助金申請書は受かる !

まず事業計画をよんで、
なんだかワクワクしてきて、
顧客とのつながりが増えて、笑顔も増えて、
従業員の働きがいがアップしして、
経営基盤の安定のお手伝いになるお金の使い方。
係数計画をを見れば、納得できる組み立てがなされている。

こうくれば、高得点をつけざるを得ません。
ということは、交付決定、合格であります。

結論をいうと、
骨太な事業計画書がない企業は、受からんということですな。


「こくろぐ」は、札幌市を拠点に
北海道全域へご訪問している
経営コンサルタント/中小企業診断士
国仙悟志のサイトです。

経営コンサルティング全般【経営戦略・経営理念・人事・マーケティング・財務戦略・マーケティング・マーチャンダイジング・ブランディング等】及び、オリジナルの事業計画書「事業計画マップ®️」を軸とした起業・創業・再建のご支援を行い、北海道の中小企業様の「これから」を応援しております。

ご支援の流れは初回ご相談→診断→ご提案となり、
初回のご相談は無料です。
必要なご支援をお届けするために、
売り込みなどは一切行いませんのでご安心ください。

このようなご相談もお受けしています

  • 中小企業診断士にはどんなことを相談できますか?
  • 多くの費用はかけられませんが「何を相談できるか」のご相談も可能ですか?
  • 緊急の売上減少対策が必要です。単発のご相談にも乗ってもらえるでしょうか?

企業様の数だけあるご相談のカタチに寄り添います!

ご相談・お問い合わせはこちら

これまでのご支援企業様の地域:札幌市、旭川市、函館市、富良野市、苫前町、釧路市、美幌町

ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!