つれづれなるままに

ちょっとお目を拝借。

今日の日経

申し訳ありませんが。。。

予め謝罪させていただきます。
今日のブログは、ネガティブなことを書きます。

北海道庁が観光振興税で懇談会を開いたという記事。
専門家の意見を聴取して、政策に活かす会でございます。

弊社代表取締役も、北海道庁のとある懇談会メンバーでございます。

キーワードはリスペクト。

当たり前の真ん中なので、
そんなこと公の場で書くなといわれそうですが、、、

当然議論は、結論ありきです。
専門家の意見を聞きましたよというエクスキューズの場です。

なにか意見、異論をいえば、あ~だこ~だと帰ってきて、スルーされる。

謝金はなし、交通費実費のみ、判子をたくさん押して後日振込み。
(ちなみに、弊社は、地下鉄代のみ。振込手数料の方が高そう!?)

何がいいたいかというと、
それまで、培ってきた知識や知恵を軽々しく扱ってほしくない。
そういうことです。

社会貢献として、何か社会や産業振興のためにお役に立てるなら、
お金の問題じゃなくて、いくらでも、お引き受けします!!
命の次に大事な時間を、差し出すわけですから。

給与所得者なら、決まった月給で、入金がある。
しかしながら、経営する身、事業者の立場としては、
世知辛い話、その時間で、いくらの売上高になると皮算用が働く。

そういう決心をもって、懇談会に参画しているのだから、
社会を方向づける行政としても、真剣に取り組んでいただたい。

そういえば、最初に担当官にお会いしたとき、
財源がなくて、今回から謝金がなくなりました、
なんてエクスキューズしていたっけな。。。

ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!