経営

最低賃金って知ってる?

お給料

時給があがるよ~

最低賃金って知ってる?

基本的に、どんな会社で働いても、どんな仕事をしても、
最低でももらえる時給です。

都道府県ごとに決まっていて、
今年は10月2日から、時給で30円アップが見込まれています。

働く身としては、ありがたい話。
同じ仕事で、お給料があがるんだもん。

でも、ワタクシが一緒にお仕事させていただいている中小企業さんには、
とても大きな影響が出てきます。

2つの論点があります。

そもそも、人件費を負担できるほど余裕がない。

コロナ禍+物価高なんかの影響をもろ受けているとすれば、
原材料や諸経費が上がっています。

さらに、法定の人件費までが、、、となれば、
経営状況に影響が出てきます。

付随して、社会保険料とか、もろもろも上がります。

資金繰りに窮している企業様には大問題です。

なんとかの壁がすぐやってくる。

いわゆる扶養の範囲でってやつです。

時給が上がるということは、
時間単価があがるということ。
つまり、103万円とかの壁がすぐにやってくるということ。

パートタイム従業員さんにとっても、
年末になったら、もうこれ以上働けないよーという事態が多くなるかもです。

では、どうする?

経営者目線と働く側目線を合わせる。

これが唯一のコタエではないかと。

まず、政府にお願い。
なんとかの壁をなくして、働いている方には、全員に社会保険を。
そして、全額、働く方負担。

というのも、国民健康保険だと、建前上、会社負担がないから。
となれば、フリーランスや自営業さんとの公平性も保てる。

まーワタクシたちの知らない会計制度で、
本当のところは、どーなっているのか、だれも、理解できてないですが。。。
だれが、どれだけ負担しているのか?
かなり不透明なんですけど。。

そして、働く方にお願い。
より稼げるよう、どんどん前向きに、貪欲に精進していきましょう。
これからの時代、
会社勤めの方でも、よりフリーランス化してくるような気がしています。
ひとと同じことをしていても、苦しくなるだけのような気がしています。

最後に、経営者さまにお願い。
従業員さんの創意工夫を潰さないでほしい。
新しいチャレンジには、最大の称賛を。
生産性が高い企業さんは、得てして、否定形から入らないと感じています。

もし、会社と働く側との方向性がずれたら、
各々が思う方向に進む勇気も必要かもです。
そんな時代になりつつある気がしています。

あー、それにして、
毎月末に払う、社会保険料とか、高いよねー。
企業経営して、身にしみます。


「こくろぐ」は、札幌市を拠点に
北海道全域へご訪問している
経営コンサルタント/中小企業診断士
国仙悟志のサイトです。

経営コンサルティング全般【経営戦略・経営理念・人事・マーケティング・財務戦略・マーケティング・マーチャンダイジング・ブランディング等】及び、オリジナルの事業計画書「事業計画マップ®️」を軸とした起業・創業・再建のご支援を行い、北海道の中小企業様の「これから」を応援しております。

ご支援の流れは初回ご相談→診断→ご提案となり、
初回のご相談は無料です。
必要なご支援をお届けするために、
売り込みなどは一切行いませんのでご安心ください。

このようなご相談もお受けしています

  • 中小企業診断士にはどんなことを相談できますか?
  • 多くの費用はかけられませんが「何を相談できるか」のご相談も可能ですか?
  • 緊急の売上減少対策が必要です。単発のご相談にも乗ってもらえるでしょうか?

企業様の数だけあるご相談のカタチに寄り添います!

ご相談・お問い合わせはこちら

これまでのご支援企業様の地域:札幌市、旭川市、函館市、富良野市、苫前町、釧路市、美幌町

ABOUT ME
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!