経営

新規事業、必要な2つのこと。

新規事業

アフターコロナを見据えて

インフレ、世界情勢の変化、景気変動、
はて、これからどーなっていくのでしょう?
まずわかることは、ビフォーともウィズとも違う世界観が求められるということ。

変わるもの、変わらないこと。

変わらないことは、人々の営みがつづくということ。
変わるもの、そのあり方。

さて、世界は、日本はどうなるのでしょう?

新しいニーズがどんどん、

でてきていますね。

今日の日経MJをみていても、
アフターコロナを見据えた記事もちらほら。
例えば、マスクを外したときの顔立ちってどーなの的な商品サービス。

いままでは、考えられないことばかり。

Z世代も、消費活動に参画する世代になってきました。
ともなれば、消費というものも、
我々の世代とも全く違う様相になるでしょう。

他士業とはなしていてね。

こんなことをおっしゃっていました。

商売って、需要性と許容性のバランスにある。

名言だと思います!

需要性:いくらいい商品サービスでも需要がなければ商売は成り立たない。
許容性:事業者にやる気があって、やるだけの力量があって、商売ができるかという状況。

これは、コロナ前でも、コロナ後でも、変わらない原則。

たしかに、経営者には、いろんなことがもとめられますが、
至極、シンプルな法則。

新規事業として立ち上げるタイミングとして、

今、最適というか、コロナ後を見据えての最終段階かもです。

人々の営みは続くとはいえど、
新たな形の消費が見え隠れしています。

資金調達するにしても、
今後は、金利があがってくるでしょうし。

世界が変わり、日本が変わり、社会が変わり、人々の意識が変わる。

となれば、消費行動も変わる。

対応する企業の行動も変えなければならない。

需要性と許容性。

このキーワードをもとに、マーケティングを見直すチャンスだと考えています。


「こくろぐ」は、札幌市を拠点に
北海道全域へご訪問している
経営コンサルタント/中小企業診断士
国仙悟志のサイトです。

経営コンサルティング全般【経営戦略・経営理念・人事・マーケティング・財務戦略・マーケティング・マーチャンダイジング・ブランディング等】及び、オリジナルの事業計画書「事業計画マップ®️」を軸とした起業・創業・再建のご支援を行い、北海道の中小企業様の「これから」を応援しております。

ご支援の流れは初回ご相談→診断→ご提案となり、
初回のご相談は無料です。
必要なご支援をお届けするために、
売り込みなどは一切行いませんのでご安心ください。

このようなご相談もお受けしています

  • 中小企業診断士にはどんなことを相談できますか?
  • 多くの費用はかけられませんが「何を相談できるか」のご相談も可能ですか?
  • 緊急の売上減少対策が必要です。単発のご相談にも乗ってもらえるでしょうか?

企業様の数だけあるご相談のカタチに寄り添います!

ご相談・お問い合わせはこちら

これまでのご支援企業様の地域:札幌市、旭川市、函館市、富良野市、苫前町、釧路市、美幌町

ABOUT ME
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!