経営

今年を乗り切る3大テーマ

テーマ

混迷の時代を乗り切る!

物価上昇、円安、戦争、コロナ禍。
あげれば切りがない、不安要素。

今年に入って、
クライアント様の皆様に伝えていること。
3大テーマです。

・生産性を上げる
・ウェブ空間に存在しないと、リアル空間にも存在しない
・キャッシュは握っておけ

この3つ。

2022年の守りと攻めのために。

生産性を上げる

生産性とは、産出と投入のバランスです。
最近も書いたかな?

産出すべきは、売上高・利益・付加価値
投入するのは、手間暇・時間・お金です。
この産出/投入=生産性ということです。

少ない投入で、大きな成果を得る。そういうことです。

ざっくり言ってしまえば、
値上がりのご時世に対して、耐性をつけようということです。
また、人件費も上がるし、そのうち追っかけ金利もあがります。
今のうちのムダを省き、成果の出る経済活動を構築する。
これが第一!

ウェブ空間に存在しないと、リアル空間にも存在しない

以前は、順序が逆でした。
リアルがあるから、ウェブにもあった。

ではなくて、
ウェブ空間にあってこそ、リアルな存在が認められるということです。

特に、おすすめしているのは、自社サイトの構築です。

SNSもいいんだけど、アップしたものが、どんどん流れていく。

一方、自社サイトは、記事が溜まっていく。
となれば、昔の記事も、検索に引っかかるし、閲覧されることになる。
それだけ、訴求力が増します。

そして、自社サイトは、設計自由。
発信したいことが、思うようにできる。

また、自社サイトは信頼性も生みます。

ということで、ウェブ空間に存在感を。

キャッシュは握っておけ

最後に、やはり、商売、現金に始まり、現金に終わる。

資金繰りに不安があると、思うように動けない、
なんせ物価上昇の世の中、
見通しのきかない世の中。

頼りは現金です。

守りのための現金。
攻めに使う現金。

どれくらいもてばいいのかな?
少なくとも、月の支出の3ヶ月分は握って置きたい。

そうすると、経験上、楽に感じます。

また、営業利益が黒字が続いていないと、
なかなかうまく資金調達としての融資を得ることができない雰囲気。

これから来るであろう、利上げに備えて、借り換えして、
真水を入れておくのもありかなと、最近考えています。

先のことは、だれにも分かりません。

ワタクシも分かりません。

でも、ご提案として、この3つは、必須ではないかと。

攻めつつ、守り、足場を固める。

これが、ワタクシが考える、2022年に取り組むべきことです!

ご参考になれば!


「こくろぐ」は、札幌市を拠点に
北海道全域へご訪問している
経営コンサルタント/中小企業診断士
国仙悟志のサイトです。

経営コンサルティング全般【経営戦略・経営理念・人事・マーケティング・財務戦略・マーケティング・マーチャンダイジング・ブランディング等】及び、オリジナルの事業計画書「事業計画マップ®️」を軸とした起業・創業・再建のご支援を行い、北海道の中小企業様の「これから」を応援しております。

ご支援の流れは初回ご相談→診断→ご提案となり、
初回のご相談は無料です。
必要なご支援をお届けするために、
売り込みなどは一切行いませんのでご安心ください。

このようなご相談もお受けしています

  • 中小企業診断士にはどんなことを相談できますか?
  • 多くの費用はかけられませんが「何を相談できるか」のご相談も可能ですか?
  • 緊急の売上減少対策が必要です。単発のご相談にも乗ってもらえるでしょうか?

企業様の数だけあるご相談のカタチに寄り添います!

ご相談・お問い合わせはこちら

これまでのご支援企業様の地域:札幌市、旭川市、函館市、富良野市、苫前町、釧路市、美幌町

ABOUT ME
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!