つれづれなるままに

士業の志

大学同期

そうか、大学生以来20年のお付き合い

本州に生まれ、育ち、同じ大学に通った同期。

とある士業のトップランナーとして頑張っています。

まぁ、コイツは、大学の同期でありまして、
20年来のお付き合い。
よく付き合ってくれているものだなと思います。
ありがたい限りです。

専門は違えど、士業としての志、そういう魂というか、
そういうものを見せてくれているかなとおもっているところです。

クライアント様ファースト

まぁ、トップランナーですから、
おギャラは高いです、はい、ハッキリ言って。

しかしながら、
クライアント様に対しての心遣い、言葉づかい、気配り。
そういうもの、もうちょっとかくと、物腰の柔らかさ。

これは、見習わねばならぬ。

クライアント様の思うところを、
しっかりと言語化して、整理してお伝えしたいという気持ちが伝わります。

クライアント様の背中をそっと押す。
そう、専門家なんだから、言うことを聞きなさい的な態度は取らない。
あくまでも、クライアント様のお考えをまとめ、
それに沿ったご提案をしっかりとする。

専門性の高さ

を、クライアント様にみせない。

全然、専門用語は使わない。
どーしても使うときは、きちんと、トリセツとともにお伝えする。

いやいや、本人はきちんと、勉強してますよ。
専門職として。
でも、そこは、見せない。

よくあるあるのことですが、
本なんか読んでいると、何書いてあるかわからないやつ。
それって、専門家同士の会話ならともかく、
例えば、経営書でも、さっぱりというものもあります。
それは、本として成り立っていないと考えちゃいます。

ましてや、クライアント様とのやり取りにおいて、
専門の知識・用語ばかりじゃ、伝わるものも伝わらないし、
適切な解決策をご提示することもできないのではと。

結局は、人間というものへの理解。

専門家、士業なんだから、できて当たり前。

苦境に陥った方へ、そっと手を差し伸べる。
そっと背中を押す。
そして、その方の幸せになるよう尽力する。

書けば簡単なことばだけど、実践するとなれば、そうはかんたんではない。

虚勢をはらず、はったりを噛まさず、自然体で。

誇るべき同期に会えて幸せだなと、最近、つくづく思うところです。
見習うべきは、見習わなきゃ。


「こくろぐ」は、札幌市を拠点に
北海道全域へご訪問している
経営コンサルタント/中小企業診断士
国仙悟志のサイトです。

経営コンサルティング全般【経営戦略・経営理念・人事・マーケティング・財務戦略・マーケティング・マーチャンダイジング・ブランディング等】及び、オリジナルの事業計画書「事業計画マップ®️」を軸とした起業・創業・再建のご支援を行い、北海道の中小企業様の「これから」を応援しております。

ご支援の流れは初回ご相談→診断→ご提案となり、
初回のご相談は無料です。
必要なご支援をお届けするために、
売り込みなどは一切行いませんのでご安心ください。

このようなご相談もお受けしています

  • 中小企業診断士にはどんなことを相談できますか?
  • 多くの費用はかけられませんが「何を相談できるか」のご相談も可能ですか?
  • 緊急の売上減少対策が必要です。単発のご相談にも乗ってもらえるでしょうか?

企業様の数だけあるご相談のカタチに寄り添います!

ご相談・お問い合わせはこちら

これまでのご支援企業様の地域:札幌市、旭川市、函館市、富良野市、苫前町、釧路市、美幌町

ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!