時代の風景

密かに成功を見据える経営者さんたち

出張

ここ半年を振り返って。

ここ半年を振り返って。

まーよく動き回りました。

北海道で、新型コロナウィルス感染症が確認されて、1年。
巣ごもり生活をしていたのが、6月くらいまで。

それからは、怒涛の日々です。
(今も続いています)
北海道から出てはいませんが、
クルマ中心で動いています。

ご契約させていただいているクライアント様、
ご紹介いただいた企業様、
公的機関からのご支援の依頼などなど。
さまざまな経営者さまにお会いする機会をいただきました。

みなさん、社会の変わりように翻弄されている。

と、思いきや、
これを機として、密かに、次のステップに向かっている方もいる。

今は、夜明け前。
これからを見据える経営者さんたちの姿って?

高い。

アンテナが高い。
あっと思ったら、即、詳しい情報を得ようと、
なんでも、かんでも、聞きまくる。
報道より正確に、足元の変化、将来の変化を見極める。

速い。

初動が人より1000歩速い。
まずは、やってみる。
アンテナが高いから、どの方向に進めていけばいいか、
自分なりの解をだしている。

一方で、撤退も速い。
失敗しても、完全に転ばない。
何かしらの次のヒントを得ている。

失敗費用を確保している

最初からうまくいくなんて考えていない。
これくらいなら、失敗してもいいと、
最初から、いわば予算組みをしている。

素直

そんな方々ですから、自分に素直です。
もうちょっと言い方を変えると、直感が冴えています。
そして、諸先輩方のご意見もしっかり、自分なりに解釈して、
自分を律しています。

品がある

品格とか、そういう人物像。
どこからみても、オトナです。
互いを、高め合う人間関係しか、求めない。

上から目線ということもなく、
卑下することもなく。

そもそも、自分に合わないなと思ったら、
一切付き合わない。
徹底しています。

とあるホテルは、

この閑散期に改装していました。

最上階を、ラグジャリーエグゼクティブフロアーとして、
その下を、ビジネスエグゼクティブフロアーとして。

最上階は、最高のおもてなしを行うVIPフロアー。
その下は、ワーケーションで使えるフロアー。

そのホテル、とある地方都市にあるのですが、
接客・接遇もグレードアップしていました。
おそらく、研修も強化しているのではと思います。

エレベーターホールの一角には、
定期的に行っている独自のPCR検査結果も張り出しています。
(全員陰性です)

確かに、ソーシャルディスタンスで、
レストランは、席を間引き、
朝食は、バイキングではなく、お膳です。

観光客・ビジネス客がいつ戻るのかはわかりません。
でも、いつでも、
多くのお客様をお迎えする準備を着実に行っている、
そういうことが密かに行われています。

また、明日、そのホテルに宿泊予定。
どう変化しているのか、楽しみであります。


「こくろぐ」は、札幌市を拠点に
北海道全域へご訪問している
経営コンサルタント/中小企業診断士
国仙悟志のサイトです。

経営コンサルティング全般【経営戦略・経営理念・人事・マーケティング・財務戦略・マーケティング・マーチャンダイジング・ブランディング等】及び、オリジナルの事業計画書「事業計画マップ®️」を軸とした起業・創業・再建のご支援を行い、北海道の中小企業様の「これから」を応援しております。

ご支援の流れは初回ご相談→診断→ご提案となり、
初回のご相談は無料です。
必要なご支援をお届けするために、
売り込みなどは一切行いませんのでご安心ください。

このようなご相談もお受けしています

  • 中小企業診断士にはどんなことを相談できますか?
  • 多くの費用はかけられませんが「何を相談できるか」のご相談も可能ですか?
  • 緊急の売上減少対策が必要です。単発のご相談にも乗ってもらえるでしょうか?

企業様の数だけあるご相談のカタチに寄り添います!

ご相談・お問い合わせはこちら

これまでのご支援企業様の地域:札幌市、旭川市、函館市、富良野市、苫前町、釧路市、美幌町

ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!