経営

中小企業診断士の新しい3つの役割

中小企業診断士

事業承継に備えて。

今日の日経に、
事業承継センター東條氏の寄稿が掲載されていました。

専門家の支援として、
中小企業診断士が取り上げれています。

経営の力を磨き後継育成

これが、事業承継において、
究極の目的であり、中小企業診断士に求められる責務です。

事業承継は、いまや、どの企業様でも、
目をそむけることができない課題となっています。
弊社クライアント様においても、
目前に迫っている企業様や、
考えようによっては、
後継育成を経ずに事業承継をし、経営を学ぶ方も。

氏いわく、3つの基礎

事業承継に必要な将来の後継者候補が備えるべき基礎とは、、、

自社への深い理解

経営理念・強みなど

物事を俯瞰する意識の醸成

鳥の目を持つことで経営の選択肢が広がる

切磋琢磨できる経営者仲間をつくること

問題解決の知見を共有したり、協業したりできる

中小企業診断士の役割がかわった

これまでの中小企業診断士は、
ヒアリングをして、戦略を示して、事業計画書策定のお手伝い。
診断とか、上から指導という面が強かったと思います。

これからの中小企業診断士は、
事業承継のお手伝いに代表されるような、
ビジネスパートナーとして、
ともに経営者(候補者)と、とも歩むというスタイルが必要かと、
いえば、側面支援、横から支援ということかなと思います。

ワタクシとしては、
もともと、後者の考え方で活動してきたと自負しております。
もちろん、経営者さんのリスク回避の面から、
強く、モノ申すこともありますが。。

何事も、対話から始まる。
そう考えています。
どーぞ、お気軽にお声がけくださいね!


「こくろぐ」は、札幌市を拠点に
北海道全域へご訪問している
経営コンサルタント/中小企業診断士
国仙悟志のサイトです。

経営コンサルティング全般【経営戦略・経営理念・人事・マーケティング・財務戦略・マーケティング・マーチャンダイジング・ブランディング等】及び、オリジナルの事業計画書「事業計画マップ®️」を軸とした起業・創業・再建のご支援を行い、北海道の中小企業様の「これから」を応援しております。

ご支援の流れは初回ご相談→診断→ご提案となり、
初回のご相談は無料です。
必要なご支援をお届けするために、
売り込みなどは一切行いませんのでご安心ください。

このようなご相談もお受けしています

  • 中小企業診断士にはどんなことを相談できますか?
  • 多くの費用はかけられませんが「何を相談できるか」のご相談も可能ですか?
  • 緊急の売上減少対策が必要です。単発のご相談にも乗ってもらえるでしょうか?

企業様の数だけあるご相談のカタチに寄り添います!

ご相談・お問い合わせはこちら

これまでのご支援企業様の地域:札幌市、旭川市、函館市、富良野市、苫前町、釧路市、美幌町

ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!