中小企業の経営戦略

菅氏の中小企業政策

会社

今日の日経のインタビュー

1面トップ+中面にインタビュー内容がのっています。

一面トップは、
「菅氏、デジタル庁検討へ」
となってますが、
ちと、気になったのは、中小企業政策の見直しです。

中小企業の定義から

中小企業基本法というのがございまして、
従業員数と資本金の額を基準として、
業種ごとに、中小企業かどうか判定するという決まりがあります。

そうすると、
日本の企業は、99.7%の会社が中小企業ということになるのです。

一般的に、中小企業は、その規模の小ささから、
効率が悪く、生産性が低く、価値創造をしていないと言われます。
労働生産性といって、
ひとりあたりどんだけ稼いでいるかという指標が、
大企業の半分以下といわれています。

そこで、菅氏は、今後の中小企業政策を、
中小企業の法定の範囲を狭めることで、
・中小企業の再編
・労働生産性を上げる
ことをめざしているようです。

中小企業政策の方向性

今の制度では、
法人税の優遇や補助金が受けやすいというメリットがあります。
どちらかというと、保護政策的です。

今後は、より強い企業を作るということにシフトしていくのでは?と。より大きく、たくましくなるように、ということです。

例えば、
企業合併に優遇策をつくったり、
不採算事業の切り離しを促進したり、
特に地方経済では、中小企業が地域経済を支えているので、
中核的な企業に設備導入を促進させたり、
など、育成に力をいれていくと考えられます。

さらに、デジタル庁設置です。

大きくたくましい企業✕デジタル化。

この勢いが止まらん。そういう時代に切り変えていく。
そういうふうに主張されているように思います。

さて、今後、詳細が出るとおもいますので、
フォローしたいと思います。


「こくろぐ」は、札幌市を拠点に
北海道全域へご訪問している
経営コンサルタント/中小企業診断士
国仙悟志のサイトです。

経営コンサルティング全般【経営戦略・経営理念・人事・マーケティング・財務戦略・マーケティング・マーチャンダイジング・ブランディング等】及び、オリジナルの事業計画書「事業計画マップ®️」を軸とした起業・創業・再建のご支援を行い、北海道の中小企業様の「これから」を応援しております。

ご支援の流れは初回ご相談→診断→ご提案となり、
初回のご相談は無料です。
必要なご支援をお届けするために、
売り込みなどは一切行いませんのでご安心ください。

このようなご相談もお受けしています

  • 中小企業診断士にはどんなことを相談できますか?
  • 多くの費用はかけられませんが「何を相談できるか」のご相談も可能ですか?
  • 緊急の売上減少対策が必要です。単発のご相談にも乗ってもらえるでしょうか?

企業様の数だけあるご相談のカタチに寄り添います!

ご相談・お問い合わせはこちら

これまでのご支援企業様の地域:札幌市、旭川市、函館市、富良野市、苫前町、釧路市、美幌町

ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!