時代の風景

在宅ワークは、フリーランスの時間管理が有効だよ!

スケジュール

在宅ワークを7割

残念ながら、新型コロナウィルス感染症が、
またもや猛威を奮い、第2波といっていい状況。

経済財政政策担当大臣は、在宅ワークを7割にと、
経済界に提案するとの報道も。

せっかく、go to なんたらも始まり、
気分はお外に向いていたところ、
はしごを外された感じですよね。

とはいえ、命あっての元種。

ワタクシの時間管理術

ワタクシ、はい、フリーランスそのものといっていい働き方。

コツがあります。
守るべきは2つ。

・お約束
・段取り

これだけです。

なーんだというなかれ、
お約束も段取りも自分で決めるのです。
上司でもなく、同僚でもなく、もちろん、取引先でもなくです。

スケジュール管理は、2段階

ワタクシの手帳は、
手書きのフランクリン・プランナーを使っています。

月別の見開きと、日別のtodoとタイムスケジュール。

この手帳のポイントは、
todoリストが、優先順位を決めなければならないというところにあります。

重要度と緊急度

Ⅰ:重要✕緊急
Ⅱ:重要✕非緊急
Ⅲ:非重要✕緊急
Ⅳ:非重要✕非緊急

これで分けていきます。

ワタクシは、月の前半、後半で、
日別のスケジュール管理を組み立てを行います。

まずは、アポイントを埋めていきます。

そして、Ⅱ。
これが成長やじっくり取り組みたいことですから、
戦略的に入れていきます。

Ⅰは、だいたい、提出書類だったりすることが多いので、
さくっと終わらせるように入れていきます。

Ⅲは、おおよそ、日々のルーティーンワークなので、
書きもしないし、朝イチで、さくっと終わらせる。

Ⅳは、、この世に存在しないと判断して断捨離。

スキマ時間がなくなる!

スキマ時間がなくなる。
これ本当です。
まとまった時間になるんです。

そうしたら、自分時間として、有効に使いましょう。
それは、
趣味かもしれないし、
おうちの家事とかかもしれないし、
人それぞれ好み。

さらに先をゆくと。

コロナで動きづらいのですが、
年初にその年の長期休暇を組んでしまう。

フリーランスですから、曜日感覚はありません。
平日に堂々と休んでいいんです。
土日祝日に堂々と働いていいんです。

まぁね、子供がいると、曜日感覚のある学校があるから、
今はそうはいかないところがあるけどね。

在宅ワークが増えるということは、
フリーランスが増えるのと同義です。(と言い切る)
これは、これまでのオフィスを前提とした働き方改革以上のインパクト。

法律がどうのという前に、
自社の働きやすい環境整備が必要な時代になってきました。
ていうか、自分の人生、自分で決める時代になってきたのかな?


「こくろぐ」は、札幌市を拠点に
北海道全域へご訪問している
経営コンサルタント/中小企業診断士
国仙悟志のサイトです。

経営コンサルティング全般【経営戦略・経営理念・人事・マーケティング・財務戦略・マーケティング・マーチャンダイジング・ブランディング等】及び、オリジナルの事業計画書「事業計画マップ®️」を軸とした起業・創業・再建のご支援を行い、北海道の中小企業様の「これから」を応援しております。

ご支援の流れは初回ご相談→診断→ご提案となり、
初回のご相談は無料です。
必要なご支援をお届けするために、
売り込みなどは一切行いませんのでご安心ください。

このようなご相談もお受けしています

  • 中小企業診断士にはどんなことを相談できますか?
  • 多くの費用はかけられませんが「何を相談できるか」のご相談も可能ですか?
  • 緊急の売上減少対策が必要です。単発のご相談にも乗ってもらえるでしょうか?

企業様の数だけあるご相談のカタチに寄り添います!

ご相談・お問い合わせはこちら

これまでのご支援企業様の地域:札幌市、旭川市、函館市、富良野市、苫前町、釧路市、美幌町

ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!