中小企業の経営戦略

アフターコロナ、金融機関は?

融資契約

金融機関の態度が厳しくなる??

第2次補正予算が国会を通過し、
無利子無担保の融資が増強されましたね。
売上高が低下する中、ありがたい融資制度。
3年間無利子、据置可、市中金融機関なら、保証料なし。

弊社のメインバンクさんからも、
もし、クライアント様で、コロナ資金をご利用予定の方がいたら、
ご紹介ください!
なんて、超積極的な感触を受けています。

一方欧州では、、

復興基金向けということで、
新規財源を検討、法人新税や炭素税導入かというニュースが。

これが日本のことだったら、
以前の東日本大震災後導入された復興増税が当たりますよね。
当然に、日本だって、
何らかの資金回収が図られると見る方がよさそうです。

では、金融機関はどう動くのか?

ここからは、あくまでも、ワタクシの仮説です。あしからず。

予算のアフターコロナ、
つまり、令和2年度が終わったり、
融資枠がいっぱいになったりしたら、
当然にコロナ資金融資は、なくなります。

アフターコロナにても、
新たな取組を行い、据置期間を過ぎて、
業績が回復させた企業は、従前どおりの金融取引ができると、
思います。
新たな借入は、難しい場面もあるかもしれませんが。

業績が回復が芳しくない企業様はどうなのかを想像すると、
新たな借入要請にはお応えできないのはもちろん、
もしかしたら、資金回収を図られる恐れすらあるかもです。

例えば、
短期借入金の借り換えができず、資金回収がなされたり、
長期借入金の契約内容によっては、一括返済を求められる、
なんて事態も想定できます。

ぜひ、今から財務戦略を!

戦略というほどではなくとも、
今後、2、3年の資金繰りを予測し、
経費コントロールも考慮して、
予算表を作ってみてはいかがでしょうか?

悲観的に、硬めの数字で、自社の資金繰りが回るか?
今一度、点検整備する時期だと思います。

通常黙っていてもかかる固定費、
売上高をつくるために必要な変動費、
利益の外で動く、借入金返済資金。
さらには、
アフターコロナ、デジタルトランスフォーメーション系で、
今後成長するために必要な未来投資費。

こんな括りをかんがえながら、
現預金残高の推移を見てみましょう。

そして、会社の行く道を創造するんです!
不安だったら、なおさら、指針を作る。
これ、鉄板の不安軽減策です。

ともに、歩んで行きましょう!!


「こくろぐ」は、札幌市を拠点に
北海道全域へご訪問している
経営コンサルタント/中小企業診断士
国仙悟志のサイトです。

経営コンサルティング全般【経営戦略・経営理念・人事・マーケティング・財務戦略・マーケティング・マーチャンダイジング・ブランディング等】及び、オリジナルの事業計画書「事業計画マップ®️」を軸とした起業・創業・再建のご支援を行い、北海道の中小企業様の「これから」を応援しております。

ご支援の流れは初回ご相談→診断→ご提案となり、
初回のご相談は無料です。
必要なご支援をお届けするために、
売り込みなどは一切行いませんのでご安心ください。

このようなご相談もお受けしています

  • 中小企業診断士にはどんなことを相談できますか?
  • 多くの費用はかけられませんが「何を相談できるか」のご相談も可能ですか?
  • 緊急の売上減少対策が必要です。単発のご相談にも乗ってもらえるでしょうか?

企業様の数だけあるご相談のカタチに寄り添います!

ご相談・お問い合わせはこちら

これまでのご支援企業様の地域:札幌市、旭川市、函館市、富良野市、苫前町、釧路市、美幌町

ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!