経営

会社のリアルを数字で見る!

企業収益

収益性分析と現預金残高予想

みなさま、等しく影響のあるコロナショック。
売上高減少、利益減少、手元資金の流出。。。。
悩みが尽きないところです。

不安の原因の一つに見通しがつかないことがあります。
そりゃそうだと聞こえてきそうですが。

では、みなさま、ひとつお伺いしますが、
これから先、どのような企業活動をして、
どのような手段と方法で、業績を回復させていきますか?

目先だけを追っていては、いずれは、先細るだけです。

ひとまず、今期の方針を立ててみましょう!

事業計画マップ®や、事業計画書を描いて、
まずは、経営理念や、それを叶える新たな事業展開を
考えてみましょう。
その上で、手段と方法を決めていきます。

これからの時代、令和の時代です。
平成までの振り返りで、
残すべき魂と、新たな手段と方法を徹底的に考えるのです。

手段と方法にかかる時間、手間、お金を算出しましょう。

そして、今期の予算をたてます!

わかりやすいところから、いきましょう。

人件費等、会社を動かすのに毎月定期的にかかる金額を算出します。
**費=**円✕12ヶ月など、これらは固定費といいます。

さらに、新たな手段と方法を取るために、
戦略的につかうお金を算出します。
販促費、投資に伴う減価償却費、旅費交通費など、
これらを戦略費用とでも呼びましょうか?

さらに、借入金にかかる支払利息、雑収入を押さえます。

それから、つくらなければならない手残り(利益)を出します。
最低でも、借入金返済、法人税の支払い金額を考慮します。

製造原価、仕入原価の把握が必要です。
これは、一般的にしてしまえば、売上高比例です。
製造原価は、原材料費+外注費+稼働に比例する製造経費です。
これで、粗利益率がだせますね。

ここまでくれば、あとは、合体させるだけです。

ポイントは、下から作っていくことです。

手残り+戦略費用+固定費→必要な粗利益額
粗利益額=売上高✕粗利益率
この方程式で、必要な売上高と支出予算のできあがりです。

どうしても売上高未達になりそうなとき。

2つ方法があります。

一つは、人件費以外の固定費を下げること。
ちなみに人件費のコントロールは、生産性のコントロールです。
従業員はノウハウの塊、仕事の仕方を変えることで、
これからの時代の宝物になります。

もうひとつは、
戦略費用の見直し、ていうか、高度化です。
手段と方法を、もう一度、考えるのです。
ポイントは、隣接他業種に学べです。

最後に、現預金残高予想だす。

どんなに立派な事業計画ができても、
どんなに精緻な予算書ができても、
現預金残高がなくなったらおしまい。

そこで、期末現預金残高をひねりだすのです。

現在の現預金残高+稼いだ現預金ー使った現預金±融資実行・弁済が、予想現預金残高です。

これが把握できると、とても、気持ちが落ち着きます。

専門用語的に書くと、予想貸借対照表をつくるということです。

貸借対照表なんてみたことなーいなんて、
経営者の方も多いと思いますが、
長年の経営の軌跡がすべて記載されているんです。

もし、この考え方にご興味がございましたら、
何なりと、お申し付けくださいね!


「こくろぐ」は、札幌市を拠点に
北海道全域へご訪問している
経営コンサルタント/中小企業診断士
国仙悟志のサイトです。

経営コンサルティング全般【経営戦略・経営理念・人事・マーケティング・財務戦略・マーケティング・マーチャンダイジング・ブランディング等】及び、オリジナルの事業計画書「事業計画マップ®️」を軸とした起業・創業・再建のご支援を行い、北海道の中小企業様の「これから」を応援しております。

ご支援の流れは初回ご相談→診断→ご提案となり、
初回のご相談は無料です。
必要なご支援をお届けするために、
売り込みなどは一切行いませんのでご安心ください。

このようなご相談もお受けしています

  • 中小企業診断士にはどんなことを相談できますか?
  • 多くの費用はかけられませんが「何を相談できるか」のご相談も可能ですか?
  • 緊急の売上減少対策が必要です。単発のご相談にも乗ってもらえるでしょうか?

企業様の数だけあるご相談のカタチに寄り添います!

ご相談・お問い合わせはこちら

これまでのご支援企業様の地域:札幌市、旭川市、函館市、富良野市、苫前町、釧路市、美幌町

ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!