経営

補助金申請のコツ

補助金

弊社は、一見さんお断り。

中小企業診断士の業務で、
補助金申請書の審査というものがあります。
どさっと、申請者様が書いた申請書を審査するというもの。
これが結構、骨が折れるものでございまして。

みなさん真剣に書いた申請書。
短期間に、多くの申請書に、点数付けをしていくというものです。

補助金申請セミナーなど、ご依頼いただくこともあるので、
その要点をを今日はご紹介。

なお、弊社業務ポリシーとして、
クライアント契約先様の補助金申請のみ、ご支援しております。
その企業様の現状を知らずして、
真に、その企業様のお役に立てることはないという考えから、
補助金申請だけでのご支援は控えさせていただいております。
あしからず。

社全体の経営戦略に即しているか?

弊社オリジナル事業計画マップ®にまずは全体戦略を落とし込み、
ワード等で、事業計画を策定しているか?

つまり、ちゃんと、自社の強み、課題、解決の手段と方法が、
しっかりと、組み立てられているか?
これをまず見ます。

さらに、その方向性が、しっかりと、数値の裏付けがあるか?
を考察します。

単に、資金ぐりのための補助金申請はタブーです。
なぜなら、先払い、後入金なので、一部自己負担が発生するから、
安易な申請・活用は、ますます資金繰りを悪化させるためです。

政策の意図に即しているか?

補助金の財源をたどれば、税金や国債です。
つまりは、国民の負担によって、賄なわれているということです。

事業基盤の強化、新しい価値創造、雇用の確保、に、
寄与できるものか、まず判断をします。
その上で、適正な支出であるかを見極めます。

また、今後数年にわたって、
設備投資なり、販売促進活動が、継続されるかも考察します。

定性面での事業計画、定量面での効果が、
しっかりと仮設検証され、納得性があるか、見極めます。

プレゼンはわかりやすく

多種多様な、業種業態の企業様の申請書を拝見するのですが、
一体なにをして、どういう経済効果を、世にもたらすのか?
ここがキーポイントです。

平たくかけば、
経営戦略がしっかりしているか?
今回の投資によって、顧客の便益が増大するか?
事業基盤が強化され、継続的に価値創造ができるか?
政策の意図にあっているか?
見えない将来を切り開く可能性に満ちているか?

つまり、ここに書いていることは、
経営戦略、マーケティング、マーチャンダイジング、投資対効果
など、経営戦略論そのものなんです。

それを、自社独自でしっかりと立て付けができているか?
第三者目線で、独りよがりのものになっていないか?
見極めて、審査していきます。

あと、大事なのが、自分の言葉で書いているか?
というのも、
アツイ想いがないと、長い期間、その事業に打ち込めるのか?
疑問符がつくからです。

ちなみに、
実行した補助金事業は、履行義務が発生します。
ただでもらえるカネなど、世の中にありません。(断言)

補助金は、両刃の剣です!
活用するも、しないも、慎重に!

オンライン無料経営相談のお申し込み方法

お申し込みは下記よりお受けしています。5月・6月・7月各月先着3社様限定でお問合せ順に弊社よりご連絡差し上げます。

オンライン相談はweb会議システムの「Zoom」(ズーム)を活用します。ご自宅や事務所など場所を問わず、スマホ、パソコン、タブレットよりご参加いただけます。

※Zoomを初めてお使いになる方や使い方にご不安がある方は、弊社が操作をサポートいたしますのでご安心くださいませ。(詳しい使い方は公式サイトからご覧いただけます。)

会員登録をすることなく、1度のクリックとパスワードのご入力のみで打ち合わせができます。

どうぞご安心いただき、お気軽にお申し込みくださいませ。

オンライン無料経営相談について「相談できる範囲を知りたい」とのお声にお応えするため、下記よりお問合せもお受けしていますのでお気軽にご質問ください。

ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!