経営

企業再生の現実

決算書

何事も3年かかります。

3月決算の会社さんが多いと思います。
そろそろ決算が気になるころですよね。
弊社は、6月決算なので、まだ先ですが。

もともと勤めていた会社が民事再生を出して、
その関連部署にいて、脱毛症になったことを思い出したりして。

さて、企業再生の現実。

そりゃ厳しいですよ、
人間でいえば、棺桶から、なんとか出て、2本の足で立ち上がることですから、、、

やっちゃいけないことをせずに、
やるべきことをして、やりたいことができるように、
しっかりと、 方向づける。
そんなご支援をしている弊社でございます。

何事も、早めが肝心。
手遅れになるのが、一番コワイ。
打ち手がどんどんなくなっていく。
つまり、再生の可能性がなくなっていく。

まずは、何事も原点が大事。
想い・理念・軸、これらの再定義。

3年後の絵姿を強引にでも、描き出す。
企業を取り巻く時代の風景を捉え、
その道しるべの途中にある課題の設定、目の前にある問題点の解決策の洗い出し。
儲ける仕組み・稼ぐ仕組みのブラッシュアップ。
経営環境の整備。

そして、それらを数的に根拠づける係数計画。

ざっくと書くと、こんな感じ。
愚直に取り組んでいただいております。

そして、次なるステップに、挑戦しているクライアント様。
本当に、頭が下がる思いでございます。

もし、という企業さまがいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!