経営

Cash is king !

新刊本

読まずして、書評を書いてみる!

タイトル買いの本でございます。
積ん読、いつになったら読むのかは、わかりません(笑)

仮説読み、
きっとこういうことだろうな、、、
ということを書いてみる。

まず結論、売上至上主義からの脱却が処方箋。

売上高を伸ばす方法、無限にあります。
落とし穴があって、なんせかんせカネがかかる、儲けが減ることが多々。
値引き、営業マンの増員、追って在庫をたくさん持って売り逃しを防ぐ。
販促費用の増大、気合だ!営業でモチベーションの低下。
などなど。

となると、カネが足りなくなるので、借入が多くなる。
金融機関の思うままになる。
長期借入金でまかなえるなら、少しずつ返せばいいので、まだいいのですが、
短期借入金なら、一発、貸し剥がしも、ありうる。(事業性評価で審査がきつくなってきている)
ついでに書けば、
銀行員さんの成績に関わる金融商品につきあわされる。
定期積金なんて最悪。資金拘束されて、自由度が減る。
カードつくれだの、投資信託だの、ともかくありがとうございました。
(ついで話は、ワタクシの実例です。。。)

自己資金がたっぷりあるなら、大いに活用すべきものですが、
税金を払いたくないという一心で、入る法人保険。
長いお付き合い、そんなに、払えるだけのお金あるの?

最後に、お国(税務署、年金事務所)に召されるお金。
資金があろうとなかろうと、
「利益」という空想にかかる法人税、「売上高」という動かせないものにかかる消費税、
支払った報酬・給与にかかる社会保険料。

てな感じで、経営者が扱える大事なお金、従業員の汗の賜物。
それをしっかり管理して、次の飯の種に投入できるのか?
経営環境の整備に活用できるのか?
手腕が問われる。

手腕と言うより、無知がコワイかも。
相手の立場をしっかり理解して、
自社の現状をしっかり捉えて、未来にむかっていく、
そのために、お金のトリセツを、知識・知恵として、吸収すること。
これに尽きる。

辛辣に書いてしまいましたが、お相手だって、人の子です。
真摯にお付き合いすれば、ちゃんと、手を差し伸べてくれます。
そこだけは、忘れてはいけないのであります。

ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!