つれづれなるままに

人生、3段ロケット。

今日の日経

伊藤元重氏、インタビュー記事で思うところ。

日曜日の日経は、のんびり読めて好きです。
カルチャー面が充実、オールカラーで、ぺらぺらめくっていくと、
あー、今日は日曜日なんだなと、曜日感覚がリセットされる。

今日のインタビューは、伊藤元重氏。
著名な経済研究者であります。
内容は、紙面に譲るとして、つれづれなるままに。

人生、3段ロケット。

・師を仰ぎ、 がむしゃらに吸収していく時期。
・自らを研鑽し、自己実現していく時期。
・自らを見つめ直し、結実していく時期。

おそらく、氏の主張は、こんな感じかなと。

最近、いろいろ考えさせられることが、多々あり、
はて、自分は、どんな人生として、語ることができるのだろうかと。

たぶん、今は、2段目ロケットで飛行しているのだろうか?と思う。

20代、30代は、とにかく新しいことに挑戦して、
1段目のロケットの役目は終わって切り離した。

40代になって、もちろん、いろんなことに挑戦しながらも、
自分の、なんというか、カタチづくりをしているような気がする。
まだまだ、やりたいことたくさんありますよ。

今日のインタビューを読んで、
今の2段目ロケットを切り離すとき、
どんな自分になっているのだろうか?
楽しみでありながらも、
一方で、不安ということでないけど、なにか見えない恐怖みたいなものを感じた。

見えないからいいのかな?
将来って、今の自分が作り上げていくもの。
日々の暮らし、仕事を、大事に丁寧に。
これが、肝要かも。

さて、今日も、しっかり、生きていきます!

ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!