時代の風景

潮目の変化を感じられるか?

ニュータイプの時代

90%既読の本、読後感。雑感。

ここのところ、出張で読んでいる本。
飛行機の中で寝てしまうので、なかなか進まない(笑)

ニュータイプとオールドタイプ。
人間2つに分けられるそう。

内容は、書にゆずるとして。

今日、とある農家であるクライアント様のところでの話。

昭和と平成と令和。
経済を見る目に3つあるのではという仮説をだしました。

昭和:規模拡大が正解、なんでも売れる、物欲の時代。

平成:顔を見える野菜、安心・安全の時代。

令和:消費者が感じる時代、共感の時代。

**ファーム、玉ねぎ3玉128円(写真付き)の時代は終わった。
これからは、どんな想いで生産し、どんなふうに食してほしいのか?
背景にあるモノ・コトを超え、一体感が大事。
一緒に歩んでいく姿勢、これが問われるのではないかと。

クライアント様のいわく。
最近、セミナーにいかなくなったとのこと。
その心は、
ワタクシが、そのクライアント様の状況に合わせて、実践的なことをお話しするからとのこと。
(なんとも嬉しいお言葉でございます。)

ワタクシが大事にしているのは、
人と人の関係、その間にしか、信用できるビジネスは生まれない!と考えているから。
我社の方針であります。根本的思想であります。

そんなクライアント様とどんどんお付き合いしていきたい!
また、そんな仲間と仕事がしたい!
と、切に思うわけであります。

PS
お仕事仲間は、ヘンタイで、筋トレに付き合っていただけることが条件です。なんてね。

ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!