時代の風景

パソナ本社、東京から移転。

東京

東京の価値ってなんだろうね。

今日のニュースで、ほーっと、感じたこと。
パソナ本社が淡路島に??

創業者が兵庫県出身とご縁があるとのこと。

1200人が淡路島に。
行ったことのないところなんですが、
パソナ社員さんがあふれる島になるのでしょうか?

移転の理由

コロナ感染症の広がりで、リモートワークが普及したこと。
リモートワークが可能になったことで、情報収集や人材確保が可能になったこと。
東京集中を避け、分散させることで、事業継続ができるようにすること。

そんな意図があるようです。

ということで、東京に本社を置く理由がなくなったということのようです。

東京の価値が目減りしている?

遠い北海道からみると、情報の塊というのが東京。
それも、肌環境であっても、
いろんな人・事が交わり、スピード感のあるところ。

そこに新たな物事が生まれていく。
そういう場所が東京を初めとする大都市の魅力。

学生時分、とある人が、
「田舎の学問より京の昼寝」とか言っておりました。

そういうことが叶うのが魅力だったはずなのに、
そうではないということが時代の趨勢なんでしょうかね。
令和の時代、コロナ禍の時代。
新しい時代の価値観。

これからの東京

どーなるかは、ワタクシにもわかりません。
感染症の状況にもよるでしょうし、
経済状況にもよるでしょうし。

ただ、世界でも屈指の大都市であることには変わりはない。

何かを生んでいく、新しい時代に、新しい価値観。
それが、日本中で起こる。
その結節点であるということなのかな?

そーいえば、半年以上東京にいってないな。。
いずれ、また行ける日を待っています。


「こくろぐ」は、札幌市を拠点に
北海道全域へご訪問している
経営コンサルタント/中小企業診断士
国仙悟志のサイトです。

経営コンサルティング全般【経営戦略・経営理念・人事・マーケティング・財務戦略・マーケティング・マーチャンダイジング・ブランディング等】及び、オリジナルの事業計画書「事業計画マップ®️」を軸とした起業・創業・再建のご支援を行い、北海道の中小企業様の「これから」を応援しております。

ご支援の流れは初回ご相談→診断→ご提案となり、
初回のご相談は無料です。
必要なご支援をお届けするために、
売り込みなどは一切行いませんのでご安心ください。

このようなご相談もお受けしています

  • 中小企業診断士にはどんなことを相談できますか?
  • 多くの費用はかけられませんが「何を相談できるか」のご相談も可能ですか?
  • 緊急の売上減少対策が必要です。単発のご相談にも乗ってもらえるでしょうか?

企業様の数だけあるご相談のカタチに寄り添います!

ご相談・お問い合わせはこちら

これまでのご支援企業様の地域:札幌市、旭川市、函館市、富良野市、苫前町、釧路市、美幌町

ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!