時代の風景

本当に寒くなってきたんでしょうか?

今日の日経

「景気指数、8月は悪化に」

今日の日経の記事から。

8月の景気動向指数が、前月より0.4ポイント低下の99.3。
基調判断としては、景気は「悪化」
詳細は紙面でどーぞ。

今日の新聞を読みながら、どーも部屋が冷え切っていて、耐えられず、
ストーブを引っ張り出しました。

ストーブ
今日から稼働

北海道は秋が深まり、今日は冷たい雨が降っています。
ついでに、今日行く釧路空港行きに天候調査が、たった今、でました。
夕方の便なのに、、、

閑話休題。

お天気にしても、景気にしても、
新聞などで報道されている空模様は、自社に影響があるのか?

飛行機に乗れるかどうか?
これは、すぐさま、これからの移動手段見直しに直結します。

では、景気は?
確かに、世界・社会情勢は、大きな潮の流れとして、影響を及ぼします。

しかしながら、その程度はどのくらいでしょうか?
自社の取り巻く環境と世界・日本全体の傾向は100%イコールでしょうか?

というのも、
扱う商材・サービス、商圏、取引先・お客様は、それぞれの企業によって違う。
だから、一概には、日本全体の傾向と一緒にはならない。

統計・ニュースは、あくまでも、傾向として、
それぞれの目的をもって発表・報道されている。

みなさまの肌感覚が一番、自社のお客様の動向を捉えているのでは?
その期待に応えていくのが正道ではないでしょうか?

景気の気は、気分の気。
経営環境にあわせて、自社を変えていく。
さて、どのように情報を処理して、どのような行動をとりますか?

ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!