つれづれなるままに

ふうー。ひと息つきました。

お仕事

この2週間、ドタバタしてました。

今日もお仕事。
ちょっとしたお手伝い。
それが終わって、やっとひと息つきました。

成人の日の次の日から、
あちらこちらと、出張し、
いろんな書類を作成し、
いろんな方にお会いしました。

今日は、さっさと爆睡します(笑)

まずは、何と言っても移動が大変。

大谷地住みのワタクシ。
大谷地インターまで、いつもなら、5分くらい。
なのに、40分かかるという渋滞ぶり。

高速に乗ってしまえば、結構スムーズなんですが。。
と書きつつ、
吹雪で、事故で、通行止めとか、かなりありました。

げっっとしたのが、
軽バンが、路肩で、横倒しに転がっていたこと。
ちょうど、事故処理が始まったタイミング。
この時期は、特に気をつけて運転しなきゃ。

飛行機も、大雪で、滑走路が一時閉鎖になったりと、
結構遅延されたりとか。

みなさんも、移動は気をつけてくださいね。

最近感じる経済なこと

慣らせば、景気は決して悪くないかなと感じています。

確かに、
空港、ホテル、そういった場所は空いていますが。。

だがしかし、
動く人は、しっかりと動いているという印象です。

旅行客が全くいないわけではない。(日本人ですが)
関西弁だって、結構聞こえてきました。
雪を満喫しに、北海道に来ている観光客。
子どもたちは、空港でも、すでに大はしゃぎしている姿も。

今日行ったデパ地下。

なんとなく、閑散感はあれど、しっかりと買い物している。
地下鉄もそれなりに乗っていました。
(道路事情が悪いから、地下鉄でという考えもあるかな?)

動いている人たちって、どんな人?

これが本題でして。

これは、ワタクシの感触ですが、
もともと、コロナ禍前から、出張や旅行を多くしている人たち。

もうちょい深堀りすると、情報を取りに行く感度の高い方。

つまりですね、
自分の判断基準で、どうすれば、感染リスクを減らしながら、動けるか?
そういう軸をもっている、方々。
そう感じています。

マスメディアの報道に踊らされることなく、自分で情報を解釈できる。
そういう力を持っているのでは?
そう仮説を立てています。

というのも、
ワタクシ自身の経験値だけでしかないのですが、
どう動けば、安全性を少しでも高めることができるのか?
なんとなく、考えながら動いている気がします。

また、
特に、お仕事で動いている出張のみなさんも、
同じではないかなと、感じています。

オミクロンが猛威を奮っていますが、
どのような行動をとるべきか、
ひとりひとりが考えて動くというのが、
これからの「行動」になるのではないかと。

まーひとつの考え方なので、賛同できないかもですが。

動かさないと物事動かない。
黙っていたら、置いてかれる。
(変換ミスで、老いて枯れるとでてきたー)

さて、今日は、これくらいにして、しばしの休息とします。


「こくろぐ」は、札幌市を拠点に
北海道全域へご訪問している
経営コンサルタント/中小企業診断士
国仙悟志のサイトです。

経営コンサルティング全般【経営戦略・経営理念・人事・マーケティング・財務戦略・マーケティング・マーチャンダイジング・ブランディング等】及び、オリジナルの事業計画書「事業計画マップ®️」を軸とした起業・創業・再建のご支援を行い、北海道の中小企業様の「これから」を応援しております。

ご支援の流れは初回ご相談→診断→ご提案となり、
初回のご相談は無料です。
必要なご支援をお届けするために、
売り込みなどは一切行いませんのでご安心ください。

このようなご相談もお受けしています

  • 中小企業診断士にはどんなことを相談できますか?
  • 多くの費用はかけられませんが「何を相談できるか」のご相談も可能ですか?
  • 緊急の売上減少対策が必要です。単発のご相談にも乗ってもらえるでしょうか?

企業様の数だけあるご相談のカタチに寄り添います!

ご相談・お問い合わせはこちら

これまでのご支援企業様の地域:札幌市、旭川市、函館市、富良野市、苫前町、釧路市、美幌町

ABOUT ME
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!