経営

昨日のセミナー

補助金の心得

昨日、苫小牧で、補助金に関するセミナーを行ってきました。

補助金、みなさん関心が高いようで、熱心に聞いていただきました。
なんせ、ただで貰えるお金という認識があるようでして。

で、最後に苦言のようなスライドを。

上記の通りなのですが、
あくまでの、公費を、私企業が活用するものですから、
そうは簡単に問屋は降ろさない。

この先、政府予算案が国会を通過して、
様々な補助金が公募されると思います。

活用すること自体は、なんら問題はないと考えています。

しかしながら、最終的には、
きちんと、導入した設備などをフル活用して、
稼ぎだし、税金などで、きちっと、お返しできるかどうか。

審査員も、監督官庁も、バカではありません。

書きぶりがキツくなりますが、
第三者に丸投げして、手数料を払って、取れたとしても、
そこには、副作用が働きます。
だって、それって、カネとカネの付き合いでしょ。
ビジネスは、ひととひとの間にしか生まれない。

真に、自社の抱える課題解決に結びつくのか?
公費を投じてでも、社会の便益に向上に資するのか?
ちゃんと、見られています。

なんども書きますが、
弊社は、補助金申請のお手伝いはしておりません。
したとしても、クライアント契約先さまが、
戦略上、有利と判断し、経営の向上に資すると判断したときのみ、
ご紹介しています。

あしからず。

ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!