経営

真剣さがハンパない!

JICA帯広 セミナー板書

JICA帯広でセミナー講師してきました!

2019年課題別研修「アジア地域 バリューチェーン構築による地域アグリビジネス振興~高付加価値な地場食品供給のための政策・組織作りからブランド化・流通まで~」コース

という長い名前がついている研修のうち、
2時間半頂戴して「経済活動としての農業」という講座を担当させていただきました。

受講生のみなさまは、アジア地域各国でこれからを担うエリートのみなさま。

まずもって、真剣さがハンパない、賢さもハンパない、発言の視点が違う。

こんなこと書くと、どうかなと思いますが、日本人対象のセミナーと違い熱気が違う。
ただでさえ暑い真夏日でしたけどね。それを上回る眼差しの強さ。ご意見・ご質問の量・質ともにレベルが違う。

講義内容は、農業とはそもそもどのような産業なのか、農業を国の政策としてどのように導けばよいのか、その政策をどのように実行すればよいのか、そのためには、農業に従事する方を支援する人材の育成が必要、そんな内容が前半。

後半は、ワタクシの得意ワザとなるわけですが、おそらく、普段受講生のみなさまが触れることがない企業経営について、ホワイトボードを使って、概念を説明しました。
行政官庁の方が多かったので、とても新鮮に聞こえたようで、経営というものを少しでもお伝えできたように思います。

秘伝の板書!
これに、英語表記を通訳さんにつけていただきました!
板書では、さらにてんこ盛りの情報をいれました。ここでは非公開!

で、農業関係の研修のなのに、そのような内容を取り入れた理由。(ここ大事)

行政官庁の方が多いため、ビジネスの現場を少しでも知ってほしかったから。

そもそも、農業だってビジネス、
6次産業化でも、農商工連携でも、農業以外の業種・業態も、同じお作法で経営し、ビジネスモデルを構築し、新たな地平線を切り開いていてほしいから。

おかげさまで、受講生のみなさまから、よろこびのお声をいただき、ワタクシもとても有意義な時間となりました。他の講義と違い、ユニークさがあったとか。

仕事のやりがいって、こういうところにある!と再認識した次第であります。

12月にも、違うコースで、同じようなセミナーを行う予定。今から楽しみです!

ABOUT ME
国仙 悟志
国仙 悟志
ヘンタイ・パーマ・筋トレ・ 中小企業診断士のこくちゃんこと、代表の国仙です。 早稲田大学法学部卒業後、地方大手百貨店に入社し、店頭販売、販売促進、店舗運営、民事再生法手続関連部署を経験し、その後中堅石油販売会社へ。中小企業診断士を取得後、2011年に独立開業、2014年に法人を設立。百貨店時代に経験したマーケティング、マーチャンダイジング(品揃え戦略)、プロモーション、企業再生、そして、石油販売会社で経験した中小企業の実体験などをベースに日々北海道内外を飛び回っています!